2040年までに中国の65歳以上が3億人突破. 2020年4月21日にg20の農業大臣がテレビ会議をおこない声明を発表した。新型コロナウイルス感染症が食料安全保障に影響を及ぼすことがないように各国が協調してフードサプライチェーンを維持するために協力することが示された。だがここで疑問がある。 軽犯罪が増加している 3. 世界の食料需給見通し. copyright © Sports Nutrition and Dietitian Japan. 高級オーガニック食品スーパー「ホールフーズ・マーケット」を137億ドル(約1兆5000億円)で買収したアマゾンは、2030年までにアメリカの食料品業界でウォルマート(Walmart)を抜き、トップに立つ —— 。アマゾンの元幹部で、同社の 全国の7割の地域から人が消えている 4. 食料:スマート農業 (野菜、培養肉) 健康:ロボット手術(ダビンチ、AI診断) 資源:電力(太陽光)マイクロ水力、水素発電. 政府も農協も企業も個人も、日本全体で農業のありかたそのものを根本的に見直していくことが重要と語る柴田さんだが、それでも2050年の日本の自給率は5割がせいぜいではないかと予測する。そのわけ … 人口増加と経済発展により2050年の世界の食料需要量は2010年比1.7倍となる。特に、 低所得国の伸びが大きい。 食料需要の増加に対応して、穀物の生産量は2010年比1.7倍、油糧種子は1.6倍に増加 する。 日経平均株価は15,000〜25,000円の範囲を動く 2. 大人の半分は一次方程式が解けない 2. コンビニのレジ無人化がほぼ達成される 2024年頃から沖縄県の存在感が増し、2029年に沖縄県から沖縄特別区に名称が変わる。第二のシンガポールを掲げ、アジアのハブを目指して金融機関の誘致を始める。 経済 1. アメリカ穀物協会では2040年の東アジアの食と農の未来に関する調査「Food 2040」の報告、2013年に発表された「台頭するアジア食料市場への日本の貢献」への提言を行ってまいりました。 2040年から来た岡山県民【タコス・クーリエル】 ... ・食料品や工業品はロボットが生産し、ロボットのメンテナンスやインフラ整備もロボットが行う まずは、食料品を手に入れること。 ネットスーパーの発達と、宅配サービスが今の状態で維持できれば、インターネットが何不自由なく使える世代が高齢者となったときは、食料品アクセスは飛躍的に改善されるでしょう。 国際的な食料需給は、低所得国の経済発展、人口増加に伴う需要量の増大、地球規模の気候変動の影響等を背景として、中長期的にはひっ迫する懸念があります。多くの農産物を輸入する我が国として将来の世界の食料需給動向を見通すことは、長期的な食料安全保障政策の方向性を検討するための重要な基礎となります。 このため、農林水産省では、気候変動に関する政府間パネル(IPCC) の第5次評価報告書(平成26年公表)を踏まえ、民間事業者に委託し、学識経験者の助言を得て、超長期食料需給予測シ … 2050年には97億人の人がこの地球上で暮らしていると言われていますが、この数字も、数年前には90億だと言われていました。 2100年には112億人。 つまり、これだけの人類のお腹を満たすための食料需要も、増え続けているんですね。 2040年には300兆円(バンク・オブ・アメリカ試算)ともいわれる。 ... 2018年は食料、居住、資源など5つのワーキンググループに分かれて研究。11月1日のシンポジウムでその内容が発表された。 3)2040年の目標と達成のための手段 2040年頃の世界の食料需給に見合った持続的食料生産を目的とした研究の推進にあたっては、研究成果が実環境に適用されることが必要不可欠である。 将来的な世界の食料需給の見通しについて公表された予測結果を紹介します。 2029年における世界の食料需給見通し -世界食料需給モデルによる予測結果-. 2050年の総人口は9515万人となり、2005年の1億2777万人に比べ約3300万人減少 東京がきわめて高齢化する(高齢人口は2040年まで増加。東京圏がその半分) 平均的な就業、婚姻の時期は4〜5年遅くなる 2050年までに国民の総生活時間は2割、総仕事時間は4割減少 社会 1. これらのソリューションを社会実装し実現を目指す超長期シナリオとして、2030年にはSDGsの食の課題解決に貢献、2040年には月面1000人の長期滞在の実現に貢献し、超長期的には惑星移住と地球環境の劇的回復を目指します。 2040年を展望し、 誰もがより長く元気に活躍できる社会の実現に向けて (2040年を展望した医療提供体制改革、データヘルス改革の推進、 就職氷河期世代の方々の活躍の場を更に広げるための支援) 令和元年5月. 2050年の食卓を想像してみよう. 労働:士業廃業(弁護士、警察官、税理士など) 2040年の世界 future AI, 5G, Blockchain. Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. 令和2年(2020年)夏の熱中症救急搬送は6.5万人 新型コロナで年齢構成や発生場所、重症度に影響?, 小島よしおさんが"おっぱっぴーバランス"で食事指導 食生活改善普及運動の特別サイト, 7月の熱中症による救急搬送人員は全国で8,388人 昨年から半減も、8月以降は急増, すべての人に運動習慣を! WHOが『身体活動と座位行動に関するガイドライン2020』を公開、主なポイントをご紹介, 年末年始に'行事食'を食べる人は8割 農水省「和食文化に関する意識調査」の結果発表, 日本人労働者では、座位時間を睡眠に充てるとメンタル不調になる可能性が低下 体力医学研究所, WADAが2018年のアンチドーピング規則違反レポートを公表 前年比6.5%増の1,923件, ビタミンD、C、E、亜鉛、セレン、ω3脂肪酸は新型コロナウイルスのリスクを下げ得るか?, ビタミンDサプリは、アスリートのCOVID-19リスク低減とパフォーマンス向上に効果があるのか?, 【志保子塾2020後期】ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー 第4回「試合期の栄養管理、水分補給法」, 【志保子塾2020後期】ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー 第5回「アスリートにおける栄養面の課題 増量、エネルギー不足、貧血、疲労骨折を中心に」, 【Web開催】仕事につなげるための公認スポーツ栄養士キャリアアップ講習会2020「エネルギー不足・免疫編」, 【志保子塾2020後期】ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー 第6回「対象アスリート別栄養管理~ジュニアアスリート、女性アスリート、障がい者アスリートを中心に」, 【Web開催】仕事につなげるための公認スポーツ栄養士キャリアアップ講習会2020「熱中症予防・水分補給編」, 日本スポーツ栄養学会 第7回大会「スポーツ栄養の未来へ ~スポーツフィールド最前線からの探求~」, 今後20年の食料支出総額は横ばい、加工食品の使用はますます増加と予測 農水省「我が国の食料消費の将来推計」. 2030年の日本は戦前までの小作人制度を現代的に復刻した「新・農奴制」の国となっています。これが乏しい食料自給率とアベノミクス後の経済破綻の先に待つ日本の未来です。そして新興大地主として地方や農村部に君臨するのは、イケダハヤトなどの桁違いの 【国内食料消費の将来推計(指数)】 2017年 100 2050年 66~77 出典:農林水産政策研究所「我が国の食料消費の将来推計」(2019年8月) 2015年 100 2040年 98 (食料支出総額) (総供給熱量) 市区町村の合併が進む 5. 2050年、世界の人口が90億人を突破する一方で、日本の人口は1億人を下回ると予測されている。ますます多くの食料が世界で求められるなか、日本の食の未来はどうなるのか。そして、いま私たちは何をすべきなのか――。 先ほど紹介した科学者によると、2030年から2040年の間に太陽の活動は半分以下に落ち込んでしまうという。 太陽の活動状況は黒点を観察することでわかる。黒点の数が多ければ活発化していて、少なければ沈静化しているってこと。 沖縄県の名称が沖縄特別区になる 6. 2040年~45年にかけて、65歳以上が3920万人とピークを迎えます。 日本全体の人口(1億1千万人)を考えれば、 2.8人に1人の割合で高齢者という世界 です。 「2050年問題」とは? - 「2050年問題」とは、2050年の日本と世界で予想される以下のような問題です。人口減少、少子高齢化、労働力の減少、社会保障費の増大、インフラの老朽化、地球温暖化、気候変 2021年 … 31日 根本臨時議員提出資料. 資料2 今中国では、高齢化が進んでいます。 統計局ホームページに掲載されている統計を見ると、以下のようになります。 2012年にfao(国際連合食糧農業機関)は、2050年までに60%も食料生産を増やす必要があるとの推定を発表していたが、2017年の新たな国連の予測に基づき、2012年水準よりも50%多く食料・飼料・バイオ燃料を増産する必要があると推計する。 総人口は2008年をピークに減少を始め、2040年には1億1,000万人程度となる。生産年齢人口の減少も加速 し、2040年には毎年100万人程度の減少が見込まれる。 老年人口(65歳以上人口)は、団塊ジュニア世代が高齢者となる2040年頃にピークを迎える。 出生率が1.0を下回る 8. Space Food Xによる2040年の月面での食卓イメージ。地球からの食料輸送に加えて、現地で少ないリソースで効率的に食料を生産することのできる技術が求められる。 提供:Space Food X 食料やエネルギー自給率が圧倒的に低く輸入に頼り切っている日本にとっても、こうした問題は無視できない脅威といえるでしょう。 (8)2030年問題への対策① 国に求められること. 2030年の世界:知っておきたい9つのメガトレンド ... それから、食料がもっと必要になる。生産地から多くの人が暮らす都市へ運ぶが、アーバン・アグリカルチャー(都市農業)を迅速に増やしていくという方 … 2050年、日本で起こること 2050年、世界で起こること 2050年には「水」「食料」「資源」が 大きな課題に直面する 社会課題は相互に連関している 3,4 5 6,7 8 9 10,11 12 2050年の社会に向けたありたい将来像とは?(ワークショップの開催) 水の需要に応えるために ‒ 2050年に向けて日本が対処すべき大きな課題は、①人口減少・高齢化に適応した制度・体制への改革、②進歩 ... 2020 2030 2040 2050 2060 2070 2080 2090 2100 2014年も残すところ2日間になりました。今年はどんな年でしたか? 振り返ることも必要ですがたまには未来に目を向けてみましょう! 文部科学省の科学技術・学術政策研究所は専門家4000人の分析をもとに2050年までの科学技術を見通す「科学技術予測調査」の原案をまとめた記事がありました。 宇宙と地球の共通課題である「食」の課題解決を目指す「Space Food X」の船出。最前列右奥には、元宇宙飛行士で東京理科大学特任副学長の向井千秋氏も。, 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が民間企業と連携して研究開発や事業創出を促進するプログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ」の一環として、宇宙と地球の食料についての課題解決を目指す「Space Food X(スペースフードエックス)」プロジェクトが動き出した。, JAXA、研究開発特化型ベンチャーキャピタルファンドのリアルテックファンド(ユーグレナグループ)、経営コンサルティングのシグマクシスの三者が企画運営し、企業や大学、研究機関らが参画する。, プロジェクトの副代表を務めるシグマクシスの田中宏隆氏によると、「2015年ごろから世界中で食のイノベーション、フードテック領域への投資熱は高まっているが、宇宙食をテーマにしてこれほど多くの企業や研究機関が参画するプロジェクトは世界でもいまだ類を見ない」という。, Space Food Xによる2040年の月面での食卓イメージ。地球からの食料輸送に加えて、現地で少ないリソースで効率的に食料を生産することのできる技術が求められる。, 日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(ハクト)」で話題になった宇宙ベンチャーispaceは、2021年にも無人月面探査を計画。アメリカの宇宙ベンチャーSpaceXは、2023年に民間月周回旅行を実現しようと準備を進めている。大企業でも、トヨタ自動車がJAXAとの協業で2029年に有人月面探査を検討するなど、宇宙開発はかつてないスピードで進んでいる。, Space Food Xプロジェクト代表を務めるリアルテックファンドの小正瑞季氏は、3月27日に行われた報道陣向けイベントで、「2040年には月面基地で1000人が生活している可能性がある。そこまでに一定の成果を出したい」と発言。人間が宇宙で暮らす時代は刻々と現実味を帯びてきているようだ。, とはいえ、月あるいは火星あたりで民間人がゆっくり宇宙食を楽しめるようになるには、まだ相当の時間がかかるだろう……というのが、一般的でまっとうな見方かもしれない。, そんな近視眼的ことなかれ主義に日和ることなく、宇宙産業界のNOMO、イチローとなるべく、プロジェクトを推進する「Space Food X イニシアチブ」に手を挙げたメンバーを紹介しておきたい。ただし、30以上もの企業や個人が含まれ、さすがにすべては紹介できないので、筆者の独断によりベンチャー企業中心に一部を抜粋する(画像はいずれも公式ウェブサイトからのスクリーンショット)。, 微細藻類のミドリムシを活用したバイオ燃料や食品、化粧品の研究開発を手がける。微細藻類を宇宙で培養する技術の開発をすでに行っている。複数の微細藻類を組み合わせた完全栄養食を実現するため研究を進め、宇宙で「持続的に不足栄養素を補う生産モジュールの実現を目指す」という。, 地球規模で肉の消費量が劇的に増加していることに加え、漁業資源の枯渇傾向(あるいは資源維持のための漁獲上限)もあり、タンパク源の不足が近い将来の大きな問題となりつつある。その打開策として、大規模細胞培養によって経済性のある十分な数量の食肉生産を目指している。宇宙環境でのタンパク源確保にも適用すべく研究を進めている。細胞の培養液を転じた宇宙用調味料「SpaceSalt(スペースソルト)」も、2019年中に一般販売できるという。, 近年注目される、閉鎖型の「人工光型植物工場」の設計・施工を手がける。LED照明を光源に、高断熱・高密閉の環境で水耕栽培を行うことで、(菌類が発生しにくく)洗浄することなく食べられる野菜を生産できる。生産量を最適化する「成長管理機能」に強み。, 人工知能(AI)を活用した水の再生利用に取り組む。一度使った水を多数のフィルターを通してリサイクル、AIと独自開発の水質センサで安全性と効率を高めることで、98%の節水(普通100リットルの水で2人がシャワーを浴びられるが、WOTAの再生利用システムを使えば100人浴びられる)を実現。宇宙で地球上と同等の水供給を実現するため、この小規模の生活用水に特化した水再生・水循環技術を活用する。, AI深層学習を活用し、収穫適期の野菜のみを自動で判断して収穫するロボットを開発。人口減少や高齢化で担い手が減っている農業の作業効率をロボットで高め、少ない人手で高収益を上げられるようにする。イノベーションサミット「ICCサミット FUKUOKA 2019」のスタートアップカタパルトで優勝するなど、評価を高めている。上述のPLANTXによる水耕栽培の収穫と組み合わせるなどの可能性も考えられる。, 電通、山形大学、デンソーウェーブ、東北新社によるチームプロジェクト。あらゆる食をデータ化して「FOOD BASE」に蓄積。そのデータを食感や味、栄養素まで再現できる3Dフードプリンター「PIXEL FOOD PRINTER」で出力することで、世界中の誰もがダウンロードできるオープンな食のプラットフォームの構築を試みている。当然、宇宙への「食転送」も実現へ向かうだろう。, 身体の動作を忠実に解析する技術と、ロボット機構の制御技術を核とするサイボーグ技術を活用し、2018年にアバターロボットのコンセプトモデル「MELTANT- α」を発表。とりわけ節電義手の開発に注力してきたことから、従来のロボットでは実現できなかった力強く繊細な手の動きを、人間の手と同じサイズと重量で可能にした。約2万キロの距離からリアルタイム遠隔操作できる実証が完了しており、宇宙のような極限環境での食品加工などで活用が期待される。, 機内食サービスを通じて得たさまざまな創意工夫・開発のノウハウを、宇宙食およびサービスの開発に提供するとみられる。また、JAXAを含む産官学と連携し、アバターロボットによる月面施設(例えば宇宙ホテル)の遠隔建設等の地上実証を行うなどの「AVATAR X」プロジェクトを実施中で、そちらとのシナジーも考えられる。上述のMELTIN MMIもプロジェクトメンバー。, 言わずとしれた大手ゲーム会社だが、仮想現実(VR)・拡張現実(AR)分野で、JAXAと宇宙関連データを活用した新たな事業創出に関して連携し、VRを通じてより多くの人々が現実の宇宙空間を体感できる機会を提供する取り組みを続けてきた。子ども向けの月面VR体感ツアー「ありえなLAB」が人気で、宇宙食の生産・加工などのVR体感を通じて、宇宙食文化の裾野を広げる役割を果たすのではないか。, 東日本大震災を機に、災害時などに水なしで食べられる栄養価の高いゼリー「LIFE JELLY」を開発。2019年4月、被災地である宮城県多賀城市に新設した工場から出荷を始める。こうした防災用の食品開発で得られた知見や技術、ビジネスプロデュース力を、ストレスフルな極限環境である宇宙での食にも活用する。JAXAとはすでに「BOSAI SPACE FOOD」の開発に着手している。地域自治体や企業との連携ノウハウも、Space Food X イニシアチブの発展に貢献する。, 太陽系は太陽を中心に回っているわけではない…よくわかる動画をJAXAの惑星科学者が作成, 墜落まで1年。NASAの木星探査機「ジュノー」が魅せる、太陽系最大の惑星の姿15選, フォードの元CEOが売却したマイアミの豪邸を見てみよう…敷地には2棟の建物と屋外プール、専用桟橋, ファミマ「お母さん食堂」の名前変えたいと女子高校生が署名活動、「料理するのは母親だけですか?」, 「君のような顧客をぼくは喜んで失う」アマゾンCEO、人種差別的な顧客への対応が称賛される【2020年ヒット記事】, エルビス・プレスリーが暮らしたビバリーヒルズの豪邸、約30億円で売却【2020年ヒット記事】, 「午前3時まで働いていた」元アクセンチュア・ゴールドマン夫妻が農家転身で知ったこと【2020年ヒット記事】, 墜落まで1年。NASAの木星探査機「ジュノー」が魅せる、太陽系最大の惑星の姿15選【2020年ヒット記事】, 日本アイ・ビー・エム デジタルサービス 代表取締役社長 / 日本アイ・ビー・エム 執行役員 井上裕美さん「Next Visionary」ノミネートに寄せて #ビヨミレ2021【1分動画】, 目の前の男を変えるより大切なこと。石川優実×松尾亜紀子が語るフェミニズムとバックラッシュ, マグネシウムで洗剤が不要に。環境にも優しい「洗たくマグちゃん 」はこうして生まれた, 【体験レポート】バイクを漕いだら潮風が吹いた——パナソニックが変える室内時間の過ごし方, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. 農林水産省は8月30日、「我が国の食料消費の将来推計(2019年版)」を公表した。2015年国勢調査による将来推計人口、家計調査等のデータを基礎に、人口減少や高齢化の進展、ライフスタイルの変化を踏まえて、将来的な食料支出や食の外部化など食料消費の変化を予測している。, 加工食品の支出割合の増加等により1人当たり食料支出が今後拡大すると見込まれる一方、人口減少が進むことで伸びが相殺され、食料支出総額は当面ほぼ横ばい、長期的には縮小すると予測している。, 具体的には、2015年を100とした場合、2030年には1人当たり食料支出が108に伸び、人口は92に減ることから、食料支出総額は100のまま、2040年には1人当たり食料支出が116、人口は85で、食料支出総額は98になるという。, 「内食」から「中食」へという外部化が一層進展し、食料支出の構成割合が生鮮食品から付加価値の高い加工食品にシフトすると予測。特に、今後増加する単身世帯において、外食や生鮮食品から加工食品への転換が進み、そのウエイトの著しい増加が見込まれるという。, 具体的にみると、2015年は生鮮食品、加工食品、外食の割合がそれぞれ27.4%、52.1%、20.5%であったが、2030年には23.4%、56.2%、20.4%、2040年には21.0%、59.2%、19.9%になると予測している。つまり外食が微減、生鮮食品が著減、加工食品が著増して、2040年には加工食品が支出のほぼ6割を占めることになる。ちなみに1995年の加工食品の割合は43.6%、2005年は47.8%だった。, 摂取エネルギー量、供給エネルギー量については、仮定1~3の3通りの条件を設定し推計している。, 仮定1は、1995年以降のライフスタイルの変化による消費減の傾向が将来も継続すると仮定。その場合、2050年に1人1日当たりの消費エネルギー量は1,648kcal、供給量は2,012kcalになるという。, 仮定2は、ライフスタイルの変化による年々の消費減の傾向が「身体活動レベルⅠ(生活の大部分が座位で、静的な活動が中心)」の水準を下回らないように、消費量は男性2,050kcal、女性1,610kcal、供給量は男性2,620kcal、女性2,060kcalという下限を設定した条件での仮定。その場合、2050年の1人1日当たり消費量は1,816kcal、供給量は2,327kcalになるという。, 仮定3は、近年の時代効果の減少幅が緩やかなため、下げ止まりの傾向にある可能性を考慮し、減少幅が緩やかになった年(摂取量は2007年、供給量は2010年)以降の時代効果が継続するという条件の仮定。最も減少幅が少ない条件であり、この場合、2050年の消費量は1,856kcal、供給量は2,352kcalになるという。, なお、2015年の1人1日当たりエネルギー消費量は1,900kcal、供給エネルギー量は2,416kcalだった。また1995年にさかのぼると、それぞれ2,057kcal、2,654kcalだった。, スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!, 公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!, ※2015年までは、家計調査、全国消費実態調査等より計算した実績値で、2020年以降は推計値, ※2015年までは、家計調査、全国消費実態調査等より計算した実績値で、2020年以降は推計値。, 鈴木志保子理事長による連載です。コロナに負けないカラダをつくるためのノウハウをご紹介します。, 公認スポーツ栄養士の知識や経験から「元気になる」ためのアイディアをご紹介。動画による連載です。, スポーツ栄養Webで配信した新型コロナウイルス感染症に関するニュース・トピックスです。. all rights reserved. 人口のほぼすべてが大都市に集中する 7. 加工食品の支出割合の増加等により1人当たり食料支出が今後拡大すると見込まれる一方、人口減少が進むことで伸びが相殺され、食料支出総額は当面ほぼ横ばい、長期的には縮小すると予測している。 具体的には、2015年を100とした場合、2030年には1人当たり食料支出が108に伸び、人口は92に減ることから、食料支出総額は100のまま、2040年には1人当たり食料支出が116、人口は85で、食料支出総額は98になるという。