一方で、日本郵便の地域基幹職、ゆうちょ銀行のエリア基幹職、かんぽ生命の業務職・営業職については、総合職と比べると倍率は大幅に低い。 こちらも場合は、倍率は10倍程度かそれ以下と予想される。 日本郵政公社職員(一般職)の資格は「公的資格」です。, 資格広場は、日本郵政公社職員(一般職)になるには?日本郵政公社職員(一般職)なるためには?日本郵政公社職員(一般職)になりたいを応援しております。, 日本郵政公社とは: 日本郵便の採用は、一般職、総合職、地域基幹職などと分かれています。日本郵便の面接の流れは、この職種によって様々です。グループディスカッション、ブース形式での1体1の面接などがあります。面接は合計で3回前後となるようです。 © Copyright 2020 難易度や勉強法の情報サイト|資格広場. 【就活】総合職とエリア総合職の違い~メリットとデメリット 「エリア総合職」とはなんでしょうか。 jr西日本や三井住友カード、大和証券など様々な企業にエリア総合職という職があります。郵便などでは「地域基幹職」と呼ぶこともあります。 日本郵便の中途採用の年収や評判をjp金融アドバイザーの元社員が語ります。正社員の給料やボーナスや住宅手当、就職や転職の適性検査や面接内容など採用試験内容、良い志望動機、土日の休みや福利厚生、保険営業の仕事内容、労働組合などもご紹介します。 現在、転職を考えています。 前職が非常にブラック企業で嫌になりました。 ただ、自分の会社内での成績はあまりよくなく、簡単に転職できる会社を探しています。 ですので、日本郵便の転職難易度について聞きたいです。 日本郵便は簡単に入社できるのでしょうか。 日本郵便(一般職) 2500名 ご覧の通り、日本郵便は地域基幹職と渉外営業職と一般職で合計5800人も採用しています。 `滑り止め`としてエントリーすることをお勧めします。 前回、ほぼ一年前の2017年7月ごろ、このブログで日本郵便の採用試験の流れについて書きました。→日本郵便の面接を受けて前回から私は、日本郵便の地域基幹職の郵便… 2017年5月〜6月にかけて、日本郵便地域基幹職の採用試験を受けました。そのまとめです。大きな流れ採用ページにエントリー↓説明会など(任意)↓webテストwe… 日本郵便(サービス, 郵便/東京都)の本選考の選考フロー、企業研究、内定者のアドバイスが多数掲載されています。内定者の対策方法を参考にして日本郵便の本選考に備えましょう。 All rights reserved. 日本郵政(サービス, 専門サービス/東京都)のes・面接の志望動機・志望理由が多数掲載されています。先輩の志望動機・志望理由を参考にして日本郵政のes・面接に備えましょう。 日本郵政公社は、2003年(平成15年)4月1日から2007年(平成19年)9月30日までの4年半にわたり、日本で郵政三事業(郵便・郵便貯金・簡易保険)を行っていた国営の特殊法人です。, 日本郵政公社職員(一般職)とは、いわゆる郵便局で勤務する公務員でした。日本郵政公社一般職の採用試験は、高校卒業程度の者を対象とし、全国で約7万人の人が受験している人気のある試験でした。職務区分は、郵便局内で行う業務と外勤事務に従事する外務の2区分に分かれていました。なお、2007年に日本郵政公社は民営化されることが決定し、移行期を経て最終的に完全に民営化されました。民営化の時点で現に郵政公社の職員である者は、新会社の設立とともに国家公務員の身分を離れ、新会社の職員となりました。, 教養試験や適性試験などが課されます。一般的な公務員試験用の問題集などを使って勉強すると効果的でしょう。また、作文試験もありますので、日頃から論理的な文章力を磨くようにしましょう。また外務では身体検査もありますので、普段から健康的で規則正しい生活を送ることを心掛けましょう。, 専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。, 1年に1回実施されていました。1次試験は9月中旬に、また2次試験は10月下旬~11月上旬に実施されていました。, 筆記試験と面接試験によって実施されています。内務に関しては、1次試験において次の通り実施されます。1、教養(多枝選択式):職員として必要な一般教養。2、適性(多枝選択式):置換、照合、計算、分類など。3、作文(記述式):文章による表現力、課題に対する理解力など。2次試験は、個別面接です。外務に関しては、1次試験は次の通りです。1、教養(多枝選択式):職員として必要な一般教養。2、適性(多枝選択式):置換、照合、計算、分類など。3、作文(記述式):文章による表現力、課題に対する理解力など。2次試験では、1、人物:個別面接。2、身体検査:胸部疾患などについての医学的検査。3、身体測定:視力、色彩識別能力および聴力の測定。以上が実施されます。, 公表されてはいませんが、本試験は、全国で7万人を超える受験生がおり、倍率は高かったと考えられます。, 高齢社会に向けて地域密着型の郵便局が求められていました。そのため、人の役に立ちたい、会社の為に尽くしたいという前向きで暖かい気持ちがある人に向いている職業でした。, 前項でも記した通り、2007年9月30日に日本郵政公社は解散されました。現在は、日本郵政グループとして日本郵政株式会社及びその下にある4つの事業会社(郵便局株式会社、郵便事業株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険)へ移管・分割されています。. 日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。 総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。 ©Copyright2020 たくみっく.All Rights Reserved. 地域基幹職の転勤の現状について日本郵政、郵便局で勤めている方にお聞きしたいです。 地域基幹職のエリアは結構広いですが、転勤の頻度、遠隔の地に転勤はありますか? 日本郵政公社職員(一般職)資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。 総合職以外に、地域基幹職、エリア基幹職という応募方法があります。地元を離れたくない、離れられない就活生はこのカテゴリーでの応募になります。また一般職という応募方法は日本郵便とかんぽ生命の2社のみで行っています。 ゆうちょ銀行(金融, 銀行/東京都)のes・エントリーシートの通過事例で志望動機や自己prから、学生時代頑張ったこと・長所や短所・成功体験や失敗体験の書き方まで、就活口コミサイト『就活会議』ならゆうちょ銀行のesについて幅広く調べられます。 一般職になったら給料が抑えられると言われま … 日本郵政公社職員一般職は日本郵便株式会社に所属する社員です。郵便局で荷物の預かりや保険の手続き、ゆうちょの入出金などの窓口業務や郵便物の配達業務をするのが仕事です。人の役に立ちたいという前向きで暖かい気持ちがある人に向いている職業です。, 日本郵政公社職員(一般職)は内務については、試験実施年度4月1日現在、17歳以上25歳未満の者です。外務については、試験実施年度4月1日現在、17歳以上30歳未満の者でした。の男女が目指せる、頼れる地域のサービスマンです。資格です。 また、日本郵便の「地域基幹職」は、 といった具合だ。 んは地域基幹職(渉外営業)コース」コース、渉外営業業務に従事するCさ従事するBさんは地域基幹職(窓口)域基幹職(郵便)コース、窓口業務にとして集配業務に従事するAさんは地れる。 試験で問われる教養および、一般的なマナー等は必要です。 日本郵政公社職員(一般職)の資格は「日本郵政公社」が運営管理を行っております。 日本郵政公社とは: 日本郵政公社は、2003年(平成15年)4月1日から2007年(平成19年)9月30日までの4年半にわたり、日本で郵政三事業(郵便・郵便貯金・簡易保険)を行っていた国営の特殊法人です。 地域基幹職と一般職の給料は月5000~6000円しか変わりません。 一般職のほうが楽な局に配属される可能性が高いので、ずっと窓口や配達の業務を続けていく、もしくは数年で転職や結婚をする予定の方にはむしろ一般職のほうがお勧めです。 難易度が低かったので皆にチャンスがあり夢を与える処か現実味のある試験になったと思います. 総合職 約40名 地域基幹職 (窓口コース)約400名 一般職 (窓口コース)約1,100名 (郵便コース)約200名 ※地域基幹職のうち、郵便コースとjp金融アドバイザーコースについては、2021年度の採用予定はありません。 採用学部学科 19卒へ!(就活偏差値)ver.1.00,17・18卒で就職活動を体験した大学4年生と社会人1年目が19卒の皆様に、できるだけオープンに、就活サイトでは書かない(書けない)内容。是非、就活を本気で頑張りたい方、ご覧ください。 「先輩、実は先ほど郵便局の会社説明会を受けに行ったのですが、郵便局って総合職だけでなく、地域基幹職や、一般職など3つの職種が存在するんですね?。だからこそ自分に向いている職種はどれなのか?その辺を会社説明会で理解しようと思ったのですが、正直全く各3つの違いについて理解できずに終わってしまいました。一体、郵便局の総合職、地域基幹職、そして一般職には具体的にどんな違いがあるのでしょうか?」 「 … 役職が同じ同期入社40人を集めた新人研修。自己紹介した瀬下かおり(仮名)に、研修担当の上司が聞き返した。「瀬下さん、大卒なの?」気まずい気持ちでうつむいて「はい」と返事した。ところが、かおりの次に自己紹介した新入職員も四大卒だった。 日本郵政(総合職)のES(エントリーシート)内容、企業研究のやり方、セミナー情報、インターン・リクルーター情報、筆記試験・webテスト、志望動機、面接内容などを記載しています。 地域基幹職、エリア基幹職、業務職、営業職. 就職活動中の大学4年生です。現在選考中の企業が2社で、jtbと郵便局です。jtbはまだ2次の結果待ちですが、郵便局は次が最終面接です。郵便局で内定をいただけたら、そこに決めようと思うのですがいざ、調べてみたら「給料が安い」「 郵便コースではスキルa有りになったら3人に1人が採用される. 日本郵便の在籍社員による「年収・給与制度」のクチコミ・評価レビュー。日本郵便への就職・転職を検討されている方が、日本郵便の「年収・給与制度」を把握するための参考情報として、日本郵便の「社員・元社員」から「年収・給与制度」に関するクチコミを収集し掲載しています。 日本郵便グループでは毎年新卒採用を実施している。その倍率はかなり高く、およそ120倍ほどになると思われる。これまでは長く国営企業だったが、小泉政権が民営化を進めたことで2007年にそれが実現して民間企業となった。, 日本郵便グループとは、日本郵便(郵便局)・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の3つの子会社が主体となっている持ち株会社。新卒においては、特に総合職は一括で採用を行っている。, もともと国営企業ということで、NTTやJR各社のようにかなり安定した企業という位置づけになっている。民間とはいえ「準公務員」のような存在となっている。倒産するリスクもほとんどゼロに近い。, 競争もあることにはあるが、一般的な民間企業と比べると独占的な傾向が今も一部には見られる。そのため、就活をしている大学生の間では人気企業となっている。そのため、倍率も高い水準となっている。, 日本郵便グループの総合職となれば、他の職種よりも人気が高い。「総合職」ということで、日本郵便グループの根幹をなす3社すべてに携わる職種である。, 転勤については全国が対象である。転居が必要となる異動も多い。場合によっては海外で勤務するという可能性もある。, 年収も採用されているほかの職種よりも高い。転居を伴う異動があるということで、基本給も高い。もちろん、残業をすれば時間外手当ももらえる。ボーナスも総合職が一番多くもらえる傾向にある。, 給料の面で条件がよく、エリート志向があることから、総合職の倍率は約100~150倍に達すると思われる。書類選考の時点で、ESを提出した学生の100人に1人以下の人しか内定がもらえないのが現状。, 毎年、採用人数は60人前後となっているが、応募者数は1000人近くになることもあるようだ。面接の回数も4~5回は行われる。したがって、日本郵便グループの総合職で内定を獲得する難易度はかなり高いといえる。, 一方で、日本郵便の地域基幹職、ゆうちょ銀行のエリア基幹職、かんぽ生命の業務職・営業職については、総合職と比べると倍率は大幅に低い。, こちらも場合は、倍率は10倍程度かそれ以下と予想される。採用人数もこれらすべてを合わせると数千人単位になる。, 勤務条件を見ると、これらの職種では転居を必要とする異動がない。自宅から通勤できるというのがメリットである。, その一方で年収は総合職よりは低い傾向にある。全国転勤がないことや、出世のスピードが遅いこともあり、給料の面では標準的な金額となっている。, 就職難易度も超ハイレベルの総合職とは対照的に、倍率が緩やかということでレベルもそれほど高くはない。面接の回数も2~3回程度であり、内定までのステップも少ない。, 東京都江東区在住。1993年生まれ。2016年国立大学卒業。主に鉄道、就職、教育関連の記事を当ブログにて投稿。新卒採用時はJR、大手私鉄などへの就職を希望するも全て不採用。併願した電力、ガス等の他のインフラ、総合商社、製造業大手も全落ち。大手物流業界へ入社。 》筆者に関する詳細はこちら. 日本郵便への転職を考えた際に年収や評判、面接、難易度の情報というのは非常に重要な情報だと言えます。そこで今回は日本郵便の年収や評判、面接、難易度の情報など幅広くご紹介します。これから日本郵便への転職を考えている方がいましたら是非、参考にしてみてはいかがでしょうか。 日本郵便(一般職) 2500名 ご覧の通り、日本郵便は地域基幹職と渉外営業職と一般職で合計5800人も採用しています。 `滑り止め`としてエントリーすることをお勧めします。 日本郵政グループ内であれば、地域基幹職というポジションもあります。 一般職のように窓口・郵便業務を担うことがありますが、金融商品を提案するアドバイザーを担当することも無視できません。 日本郵便株式会社の「社員・元社員のクチコミ情報」。就職・転職前に採用企業「日本郵便」の働く環境、年収・給与制度、入社後ギャップなどをリサーチ。就職・転職のための「日本郵便」の社員クチコミ情報、企業分析チャート、求人情報、業界ランキングを掲載。 総合職より若干安めの水準となりますが、採用人数が多いため、総合職より就職活動の難易度は下がります。 日本郵便・かんぽ生命・ゆうちょ銀行の一般職の仕事・給料. 郵便局の仕事は、かつては公務員であったため、安定しているイメージがあります。民営化して10年以上が経った今はどういった状況でしょうか?郵便局の仕事内容を説明しながら、働く上でのメリット・デメリットをご紹介いたします。