2017年4月から9月までの調査では、利用している住宅ローンの金利タイプは変動50.4%・固定金利49.6%(全期間固定12.6%、期間固定36.9%)と、ほぼ同数となっています。 住宅ローン借り入れをご検討中なら、約115社の固定35年金利比較ランキングをチェックして下さい!約115社の最新金利を公正かつ健全に低金利順でランキング掲載中!公式商品情報も確認出来ます。最適な住宅ローン選びをお手伝いします。 固定金利 (20年) 全期間 固定金利 (20年) 団信 保険料 事務 手数料 保証料 申込リンク先 auじぶん銀行: 0.410% ※全期間引下げプラン. 逆に、固定金利期間選択型と変動金利型の2タイプは前年度よりも減少しています。 全体でみると、金利が全期間固定されているタイプは「17.0% + 7.1% = 24.1% 」となり、平成28年度は住宅ローンの全期間固定タイプを選んだ人が増えていることがわかります。 全期間固定型の特徴とは 住宅ローン借り入れをご検討中なら、約115社の固定35年金利比較ランキングをチェックして下さい!約115社の最新金利を公正かつ健全に低金利順でランキング掲載中!公式商品情報も確認出来ます。最適な住宅ローン選びをお手伝いします。 フラット35は最長35年間金利が変わらない長期固定金利住宅ローンです。お借入の際に全期間の金利や返済額が確定するため、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。 三菱UFJ銀行の住宅ローンはご利用額13年連続No.1。 全国766店舗ある大手金融機関です。 全国に店舗がありますので、無料相談会などを利用して対面で相談することができます。 ※全期間固定25年と全期間固定35年は、ネット専用住宅ローンでは取扱なし。 三菱UFJ銀行の住宅ローンの超長期固定金利プランをご紹介します。将来の金利上昇に不安を抱えているお客さまに、借入期間21年以上35年以内でお借り入れいただけます。当行では住宅ローン相談会は無料で開催中。新規お借り入れやお借り替えのシミュレーションも可能。 固定金利 (20年) 全期間 固定金利 (20年) 団信 保険料 事務 手数料 保証料 申込リンク先 auじぶん銀行: 0.410% ※全期間引下げプラン. 住宅ローンの借入を考えた時、「最もお得に借り入れたい」と誰もが考えます。 低金利時代の現在においては、どこの金融機関も最低金利に設定している変動金利が、一見すると非常に魅力的です。 住宅ローンをご検討中なら、約25社から比較できる価格.comをチェック!各銀行の住宅ローン金利比較や、新規借り入れ・借り換え時の支払いシミュレーション・計算、基礎知識やキャンペーン情報などさまざまな視点から住宅ローンを比較・検討できます! 132銀行が取り扱う、約1000の住宅ローンを毎月調査し、実質金利ランキングを発表しています。実質金利は、手数料や保証料などを考慮したもので、あなたにおすすめの「本当に得する住宅ローン」を比較・検討ができます。ランキングは変動金利、10年固定、35年固定などの金利タイプ別に … 住宅ローンをご検討中なら、まずは価格.comの住宅ローン フラット35・全期間固定金利をチェック!特徴やメリット・デメリット、金利推移などを掲載しています。フラット35・全期間固定金利のおトクな住宅ローンを探そう! 日本最大級のローン比較サイト「イー・ローン」に掲載されている住宅ローンの総合ランキングを発表!, 「金利ランキング」「アクセス数ランキング」「申込数ランキング」「比較リスト登録数ランキング」の4つのランキングデータをもとに、総合的かつ機械的にランキングしています。 三菱UFJ銀行の住宅ローンの超長期固定金利プランをご紹介します。将来の金利上昇に不安を抱えているお客さまに、借入期間21年以上35年以内でお借り入れいただけます。当行では住宅ローン相談会は無料で開催中。新規お借り入れやお借り替えのシミュレーションも可能。 徹底比較!【金利タイプ別】2020年人気の住宅ローンおすすめランキング. 住宅ローンを比較、検討する際にぜひ参考にしてください。, 全期間固定金利で安心のARUHIスーパーフラット7S!従来のARUHIフラット35よりさらに低金利です!, 住信SBIネット銀行【フラット35S(保証型)】全疾病保障基本付帯(借入比率8割以下), フラット35に全疾病保障が基本付帯!低金利なのに安心の保障、フラット35なら住信SBIネット銀行の「保証型」!, 全期間固定金利で安心のARUHIスーパーフラット5S!従来のARUHIフラット35よりさらに低金利です!, 全期間固定金利で安心のARUHIスーパーフラット6S!従来のARUHIフラット35よりさらに低金利です!, 全期間固定金利で安心のARUHIスーパーフラット8S!従来のARUHIフラット35よりさらに低金利です!, 来店不要!日本マーケティングリサーチ機構の調査で『口コミランキングNo.1』、『金利+諸費用が魅力の住宅ローンNo.1』を獲得!!, お借入期間中返済額が変わらないから、ずっと安心。2021年5月31日まで特約付団体信用生命保険が上乗せ金利なしでご利用OK!, 住信SBIネット銀行【フラット35S(保証型)】全疾病保障基本付帯(借入比率9割以下), 全期間固定金利で安心のARUHIスーパーフラット6.5S!従来のARUHIフラット35よりさらに低金利です!, 本サイトのランキングはサービス選択時の参考情報を提供することを目的としており、ローン商品の商品性の優劣を示したり、イー・ローンとして特定の金融機関、ローン商品を推奨したりするものではございません。また、特定目的への適合性、正確性、完全性について保証するものではございません。. 全期間固定金利型の住宅ローンと言えばフラット35が真っ先に頭に浮かびますが、一昔前と違い、今では全期間固定金利型に力を入れている民間金融機関も増えてきています。今回はそんな全期間固定金利型の住宅ローンについて、さらにフラット35との比較で選 がんと診断された時点で診断給付金による保障100万円、上皮内がん・皮膚がんと診断で給付金による保障50万円、10種類の生活週間病診断時点で給付金10万円, がんと診断された時点、脳卒中・急性心筋梗塞は手術した時点・60日以上の継続入院で0円/4つの習慣病で就業不能状態が30日を超えた時点で1年保障、1年30日を超えた時点で0円, 2週間程度/事前審査(4日〜7日)・本審査(1週間〜2週間)/Web申込み(郵送), 最短10日/事前審査(1日〜数日)・本審査(2日〜数日)/Web申込み(郵送不要), がんと診断された時点・脳卒中・急性心筋梗塞は60日以上の入院、4つの習慣病は1年以上の入院時点で0円, 最短10日/事前審査(3~7日)・本審査(1週間〜2週間)/来店・Web申込み(郵送), がんと診断された時点・急性心筋梗塞、脳卒中を発病し、手術を受けた時点・60日以上の就業不能状態が継続した時点で0円, 死亡・所定の高度障害状態診断で0円/特定の介護状態が180日以上継続・要介護状態3以上に認定されたら0円, がんと診断された時点、急性心筋梗塞+脳卒中になり、手術を受けた時点・60日以上労働の制限が必要になった時点で0円, がんと診断された段階で0円、180日間入院時点で0円、がんと診断された時点で給付金100万、初期のがんの場合は50万、病気・けがで5日以上の入院で10万支給、1か月以上の入院で毎月のローン返済保障, 【徹底比較】住宅ローンのおすすめ人気ランキング15選【変動・10年固定・全期間固定別】, 金利が緩やかに上昇する場合│当初7年は変化なし、当初7年で0.2%上昇、そののち14年で1%上昇、残りの7年で0.2%低下, 金利が大きく上昇する場合│当初7年は変化なし、当初7年で0.3%、そののち14年で2%上昇、残りの7年で0.3%低下. ここからは、変動金利と固定金利、全期間固定金利それぞれについて人気の金融機関ランキングをご紹介していきます。 変動金利のおすすめ住宅ローンランキング 住宅ローンをご検討中なら、まずは価格.comの住宅ローン フラット35・全期間固定金利をチェック!特徴やメリット・デメリット、金利推移などを掲載しています。フラット35・全期間固定金利のおトクな住宅ローンを探そう! のみなと住宅ローンの金利プラン ( 現在) 店頭表示金利より 最大年 % 年 % <期間限定特別金利> 年 1.00 % ※金利引下げ幅は申込内容や審査結果により決定します。 詳細はお近くの住宅ローンプラザ、支店へお尋ねください。 多くの人にとって、マイホームの購入は最も高額な買い物です。同じく、多くの人にとって一括で支払い切れるような額ではありません。そのため、一般的には住宅ローンを利用します。住宅ローンを利用する際には、何年ローンにするべきかなど、不安なこともたくさん持ち上がってくるしょう。 お金を借りなければマイホーム購入の夢も途絶えてしまいます。大切なのは、なんとなく返済期間を決めるのではなく、しっかりと … 住宅ローン 全期間固定金利フラット35の選び方|おすすめ比較ランキング. みずほ銀行住宅ローン「全期間固定プラン」のご紹介です。全期間固定プランは、金利を固定することが可能。その他プランと組み合わせるミックス返済もご利用できます。 スタッフブログ「住宅ローン。変動、固定どちらがいいの?実はおすすめは固定型なんです。」の記事。お金の運用や住宅ローン、保険の見直しや今後の人生設計などのお悩みはライフデザインが解決いたします。お金に関するプロがあなたのあかるい未来を描きます。 2020年12月28日更新。 2020年7月最新の住宅ローンおすすめランキングを変動金利・固定金利・固定金利期間選択・借り換え金利別の4つのタイプごとにご紹介します。住宅購入相談を中心に活動するファイナンシャル・プランナーの平澤朋樹さんが、各金融機関の住宅ローンの特徴や金利ランキングをもとにした最 … スタッフブログ「住宅ローン。変動、固定どちらがいいの?実はおすすめは固定型なんです。」の記事。お金の運用や住宅ローン、保険の見直しや今後の人生設計などのお悩みはライフデザインが解決いたします。お金に関するプロがあなたのあかるい未来を描きます。 「全期間固定金利」の特徴やメリット・デメリット、どんな人が選ぶのに適しているのかなどについて解説します。一概に固定金利と言っても、固定金利の期間によって金利が異なってきます。ライフプランをしっかりと考慮した上で、自分に適したものを選ぶようにしましょう。 住宅ローンの返済期間中に、もし突然の病気やケガで返済が苦しくなってしまったら… 万一の場合に備えて、手厚い保障をセットにした住宅ローンをご用意しました。 お借入れ後のあなたとご家族をサ … 132銀行が取り扱う、約1000の住宅ローンを毎月調査し、実質金利ランキングを発表しています。実質金利は、手数料や保証料などを考慮したもので、あなたにおすすめの「本当に得する住宅ローン」を比較・検討ができます。ランキングは変動金利、10年固定、35年固定などの金利タイプ別に … 変動金利型住宅ローンの金利は、「新短プラ+1%」が基本ですが、新短プラにコストや利益分をプラスして金利を決定しているところもあり、マイナス金利導入後もほとんど下がっていません。 デフレ時の住宅ローンは全期間固定型がおすすめ ※生活資金をご利用の場合には、住宅資金と同じご返済期間となります。 (全期間固定金利型住宅ローン「あんしん」は35年以内) ただし、債務者が満76歳に達する日までとし、債務承継者のある場合は債務承継者が満76歳に達する日まで。 多くの人にとって、マイホームの購入は最も高額な買い物です。同じく、多くの人にとって一括で支払い切れるような額ではありません。そのため、一般的には住宅ローンを利用します。住宅ローンを利用する際には、何年ローンにするべきかなど、不安なこともたくさん持ち上がってくるしょう。 お金を借りなければマイホーム購入の夢も途絶えてしまいます。大切なのは、なんとなく返済期間を決めるのではなく、しっかりと … 安心の固定金利が最長35年. 2017年4月から9月までの調査では、利用している住宅ローンの金利タイプは変動50.4%・固定金利49.6%(全期間固定12.6%、期間固定36.9%)と、ほぼ同数となっています。 人生で一番高い買い物といわれる家。購入の際にまず必須となるのが、住宅ローンです。変動・固定期間選択型・全期間固定(フラット35)といった金利のタイプをどう選ぶかや、団体信用生命保険(団信)をどこまでつけるかなど、難しい点が多いですよね。また、住宅ローンの総支払額は見えにくくなっており、各銀行が公表する金利だけを見て選ぶと、大きく損をしてしまうことも。, そこで今回は、人気の住宅ローン15商品を徹底的に調査して、最もおすすめな住宅ローンを決定したいと思います!, お金のプロであるファイナンシャル・プランナー4人に監修を依頼し、mybest編集部で以下2点の比較・検証をしました。, 果たして最もおすすめの住宅ローンはどれなのでしょうか?mybestでは、最低限これだけは押さえてほしいというポイントに絞って、初心者でも分かりやすく解説していきます。正しい選び方を知って、自信を持って安心して返済できる住宅ローンを選んでくださいね。, 実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。, 今回の比較・検証では、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナー(以下、FP)の阿久津和宏さん・恩田雅之さん・内山貴博さん・飯田道子さんの協力を得ました。, 内山FP総合事務所株式会社代表取締役。FP相談業務を中心に、セミナー・金融機関研修・FPや証券外務員の資格対策講座などを担当。, 住宅ローンを選ぶ際に、何よりも重視すべきポイントが金利です。日銀の金融政策による史上空前の低金利を受け、各銀行の金利差は0.1%程度の差しかないようにみえますが、3,000万円を35年間借入れると仮定した場合、0.1%の金利差は約53万円にもなります。, しかし、金利だけに注目して選ぶのは非常に危険です。住宅ローンの手数料・保証料は見えにくくなっているだけでなく、金利に換算すると0.1〜0.2%を左右することもある非常に大事な要素です。本当にお得な住宅ローンを選ぶためには、正しい金利の見方を知らなければなりません。, また、金利と同様に重視しなければならないのが、死亡時やがん・脳卒中や心筋梗塞になった際にローン残債を保障してくれる団体信用生命保険(以下団信)です。難しい説明や省略が多い広告を見ると、団信はどれも似かよっていますが、保障内容・保障が適用される条件は各銀行で大きく異なります。万が一のときに困ったり後悔したりしないように、ぜひこの記事を参考にしてください。, 比較検証の前に、まずは住宅ローンを選ぶ際に必ずチェックしておきたい4つのポイントを解説します。, 住宅ローンを選ぶ際に、必ず押さえておかなければならないのが、3つの金利タイプです。今後30年の金利を予想することは不可能といわれているので、絶対にこれを選べばよいというものはありません。, しかし、自分のライフステージや経済状況、金利に対する考え方などを考慮して選ばないと、最悪の場合、ローンを支払いきれずに家を手放さざるを得ない可能性もあります。まずはどの金利タイプを選べばいいのかを決めておきましょう。, 0.5%〜という圧倒的な低金利が魅力の「変動金利」は、お金に余裕がある方に向いています。金利が上昇し続けた場合、総支払額が莫大に膨らむリスクがあるので、今の金利ならギリギリ支払える状態の方には不向きです。, しかし、金利が急激に上昇しても、返済額の変更は5年ごと。毎月の支払額は前月の1.25倍に制限される、通称1.25倍ルールがあるので、突然返済額が跳ね上がることはおそらくないでしょう。ただし、毎月の支払額を抑えることはできても、総返済額は増加するので注意が必要です。, 金利の変動は大きなリスクであることに加え、月々の収支のバランスが取りにくくなることから、小さいお子さんがいる方や、今から子どもを生む予定がある方にはおすすめできません。お子さんがもうすぐ大学を卒業して自立する方や、お子さんがいても金利上昇リスクに備え、返済計画をしっかりと立てていける方であれば、検討の価値があるといえるでしょう。, いずれの金利タイプも、活かせるメリットがあればデメリットがあります。ご自身のライフプランとキャッシュフロー計画を立てたうえで、対処法を事前に計画することが重要です。, 変動金利を選ぶ際は、環境変化に応じて(予測して)借り換えや繰り上げ返済の計画を立てるなら、金利上昇リスクは軽減できる可能性があります。返済期間が比較的短期の方は計画が立てやすいですし、繰り上げ返済をコツコツしていけると、メリットを活かしやすいですよ。, 固定期間選択型は、変動金利と、固定金利をミックスしたタイプ。一般的には3年〜10年の間で金利を固定する期間を選択し、当初決めた固定期間が終わってからは変動金利・固定金利にするかを再度選択することができます。, 固定期間の金利が変動金利並みに抑えられているものもあるので、お子さんが自立するまでの期間を固定期間にすることで、支払額を確定させて金利上昇リスクを回避することができます。固定期間選択型は、固定期間中の金利だけでなく、固定期間後の金利を確認しておきましょう。, たとえば、じぶん銀行で10年固定金利タイプを借りた場合、当初10年間は0.57%と低金利(※2019年12月時点)ですが、10年後の金利は1.78%(10年後も金利が変わらない場合)と高くなります。今後10年の金利を予測することは不可能に近いため、変動金利同様、金利上昇のリスクがあります。, また、固定期間が終了してから金利タイプを再度選ぶ際には、固定期間終了時の金利が適用されます。10年後も固定金利を選択するにしても、金利が上昇していた場合は総支払額が高くなるリスクは避けられないことに注意しましょう。, 固定期間選択型は、教育費などの出費がある一定期間、住宅ローン返済額を固定したい人におすすめです。, 固定期間選択型は、今は夫のみ働いているが、将来は共働きの予定の夫婦が、共働きになるまでの期間、金利を固定しておくために利用するという方法もあります。夫婦のライフプランにあわせて固定期間を選択しましょう。, 全期間固定金利は、借入時点の金利から一切変動しないのが大きな魅力です。総支払額を事前に把握することができ、返済額がずっと変わらないので、返済プランを立てやすく、金利の動向を気にする必要もありません。, 変動金利や固定金利と比較すると金利は高いですが、今後金利が上昇しても、現在の低金利の恩恵をずっと受けられるので、金利の低い今だからこそ選ぶ価値があるともいえます。, また、「フラット35」についても押さえておきましょう。住宅金融支援機構が提供するローンですが、銀行がやフラット35代理店などが、代理店のような役割を担って提供しています。基本的には全期間固定金利と同じですが、住宅が省エネ・耐震などの要件を満たしている場合は「フラット35S」を選択できます。, もし「フラット35S」の要件を満たしていれば、当初10年間の金利が優遇され、場合によっては変動金利並みに金利を下げることができます。新築で住宅を購入する場合は、「フラット35S」の要件に該当するか、住宅メーカーや建築事務所、代理店などの担当者に聞いておきましょう。, 住宅ローンを組むと生活がギリギリというのなら、金利が固定される「フラット35」がよいでしょう。できるだけ早く繰り上げ返済して総支払額を抑えるよう心がけると、お得に返済していくことができます。, とくに注意すべきは、銀行が公表する表面金利に諸費用を加えた、実質金利の確認。返済方法なども踏まえて、できる限りお得なものを選びましょう。, 各銀行がHPなどで公表している表面金利に、保証料・手数料をはじめとした諸費用を加えたものが、実質金利です。保証料・手数料というと少額に思われるかもしれませんが、金利に換算すると0.1〜0.2%(3,000万円を35年で返済していく場合、約53〜106万円)にもなり、お得感を大きく左右します。, 実質金利を公表している銀行はほぼなく、保証料・手数料はかなり見えにくくなっています。また、保証料込みといっても、手数料は別途かかるというケースもあるなど、自分で算出するのはかなり面倒です。, とくに固定期間選択型は、同様に見えにくい固定期間終了後の金利も加味して比較しなければ、表面金利と実質金利に大きな差が出ます。, 実質金利の算出は難しく面倒ですが、今回の記事で紹介する商品はすべて実質金利を算出しているので、ぜひ参考にしてください。, お得になるべく早く返済を終えたい方は、繰り上げ返済を活用するのがおすすめ。口座振替の返済額には利息が含まれますが、繰り上げ返済の返済額はすべて元金にあてられるので、将来的に発生する利息を減らすことができます。, 繰り上げ返済は、気軽に・便利にできるものを選びましょう。来店が必須になるものは返済が平日の日中に限られるので、ついついあと回しにしてしまいがちです。銀行ATMからだけでなく、コンビニATMから返済できるものは、思い立ったときに返済できて便利です。, また、Web返済に対応しているものは、24時間どこでもスマホから手続きが可能です。ローンを申し込んだ銀行にメイン口座を持つことが必須になりますが、移動中や寝る前でも返済ができるので、忙しい方にぴったりです。, ただし、なかには繰り上げ返済1回につき5,000円程度の手数料が必要になるものがあります。繰り上げ返済が思い立ったときにこまめにできると、コツコツ元金を減らすことができるので、繰り上げ返済手数料無料のものを選ぶのがおすすめです。, ローン返済期間中に死亡してしまった場合や、がんや病気を原因として支払いが継続できなくなってしまった場合に返済を保障してくれたり、ローン残債を0円にしてくれたりするのが団信です。, 団信は、費用と内容を比較して選びましょう。金利と同様に重視して選ばないと、ほかの生命保険で補わなければならず、結果的に総支払額が増加してしまいます。団信は、死亡・高度障害状態になったときにローン残債が0円になるものが無料で付帯しますが、それだけでは不十分。, 万が一に備えて、がん・脳卒中・急性心筋梗塞といった三大疾病を保障できるものを選ぶと安心できるでしょう。三大疾病団信は一般的に金利を0.1〜0.3%上乗せすることでつけることができます。, 最も注意すべきは、保障が適用される条件。なかには入院してから180日間経った時点で保障が適用されるというものもありますが、180日間入院することはあまりありません。がんは診断された時点でローン残債が0円になるもの、脳卒中・急性心筋梗塞は手術をした時点でローン残債が0円になるものを選ぶと、万が一のときに心強いでしょう。, 最近は、三大疾病より幅広い保障を受けられる8大疾病つきの団信も増えています。保障の範囲が広いのは魅力的ですが、0.3%程度金利を上乗せして払わなければならない場合があるので注意してください。, 比較する際は、金利に上乗せしたうえで、どれが一番負担が小さく自分に適しているかを確認してください。また、金利上乗せの場合は、上乗せ分の総額を計算しておきましょう。上乗せ分の金額を、保険や貯蓄に回すほうが合理的ということもあります。, 融資を急ぐ方や、来店する暇がない方は、申し込み方法と審査速度を確認しておきましょう。, 融資を急ぐ方は、窓口のある大手銀行や地方銀行系がおすすめです。窓口があると書類の記入ミスを防止でき、記入時の不明点などを聞くことができます。書類の記入ミスは、最悪の場合融資を受けられないことになりかねなりません。窓口の存在は大きなメリットになるでしょう。, また、今自分が口座を持っている銀行以外の銀行に申し込む場合は、来店して申し込むのがおすすめです。来店せずに口座の開設手続きをすると、住宅ローンの審査に加えてさらに時間がかかるので注意してください。また、来店することで融資を急ぐ旨を相談しやすく、融通が効きやすくなるともいわれています。, 融資までにかかる時間の目安に関してですが、審査には事前審査・本審査の2種類があります。本審査が終わるまでは一般的に1〜2週間かかりますが、融資を急ぐ方は1週間以下で審査結果が出る金融機関を選びましょう。, また、事前審査が早い金融機関はほかの住宅ローンをあわせて検討しやすくなりますので、複数の住宅ローンを検討している場合は注目してみてください。, 窓口のある銀行系でもWeb申込みをすることはできますが、ネット銀行系はWeb申込みが必須になります。来店する必要がないので、毎日忙しくて銀行に行く暇がないという方におすすめ。, しかし、Web申込みは一般的に来店する場合と比較して融資までの速度が遅くなりがちなことに注意。書類の手続きは基本的に郵送で行われるので、融資まで1か月程度かかることがほとんどです。また、Web申し込みする場合は最短審査時間より1週間程度余裕を持って選ぶようにしましょう。, しかし、なかには郵送不要でスマホ・パソコンから完結できるものもあります。郵送不要でWeb完結できるものであれば、来店するより早く申し込めるので、融資をお急ぎの方にもおすすめです。申込方法はランキングに表記しているので、ぜひ確認してください。, それではここからは、ネットでランキング上位の人気住宅ローン15社を徹底的に調査し、どれが最もおすすめの住宅ローンなのかを検証していきます。, 実質金利は、銀行が公表する表面金利に保証料や手数料を加えて算出しています。また、固定期間選択型に関しては、金利が変動しないと仮定した場合の固定期間終了後の金利を加えて算出しています。, なお、参考として期間は35年、ボーナス払い・繰り上げ返済なしで、3,000万円借り入れた場合の総支払額を表記しています。変動金利・固定期間選択型・全期間固定金利を一律に比較することはできないので、金利上昇リスクの把握や3タイプの比較にお役立てください。, 今後35年の金利を予想し比較することは不可能なので、3つの条件を想定して検証を行いました。, 今回検証した銀行の金利は全体的にかなり低水準で、一見大きな差は出ませんでした。しかし、保証料・手数料を加えた実質金利を算出すると、すべての金利タイプで0.1〜0.2%金利が上昇し、固定期間選択型に至っては、さらに0.5%上昇することもありました。, また、総支払額を算出すると、0.1%の金利差が生み出す支払額の差が明らかに。各金利タイプごとの金利が最も低いものと高いものを比較すると、変動金利では約60万円、全期間固定金利では約80万円、固定期間選択型では200万円近い差がでました。, また、総支払額を算出し、全期間固定金利と変動金利を比較すると、金利が緩やかに上昇する場合は変動金利の圧勝、金利が大きく上昇する場合は全期間固定金利が僅差で勝利という結果に。それ以上金利が上昇するリスクも鑑みて、金利タイプを決めるのにお役立てください。, また、確かに当初の支払額はお得でしたが、固定期間選択型の総支払額はかなり高く、少し金利が上昇するだけで全期間固定金利の総支払額を上回ってしまいます。金利変動の情報収集の手間や、支払いきれない場合のリスクを鑑みると、最初から全期間固定金利にするのも一手でしょう。, 次に、団信の保障内容・保障が適用される条件とコストを比較します。団信の保障内容が不十分なものは、万が一のときに家を手放さざるをえないリスクがあったり、残された家族に大きな負担をかけたりすることになります。, 団信の評価は、十分な保障内容が含まれているか・保障が適用される条件は適切かの2点を重視し、コスト面については評価の重みを軽くしています。また、評価は無料団信に加え、三大疾病をカバーする最安のものを対象に行いました。, 団信は各銀行によって内容が異なり、大きな差がつきました。がん・脳卒中・急性心筋梗塞(三大疾病)をカバーする団信が用意されていないものがあるだけでなく、三大疾病があっても、保障が適用されるには180日間の入院が必須といった、条件が厳しすぎるものも多くみられました。, また、がんは診断された時点、脳卒中と急性心筋梗塞は手術した時点でローン残債が0円になる団信がつく住宅ローンは、今回検証した15商品のなかでは以下の5つに限られました。安心感を重視する方は、以下の5つをぜひ検討してください。また、入院が条件になっている場合には、所定の診断・方法で入院が決定しなければ保障が適用されないこともあります。条件をよく確認しておきましょう。, また、新生銀行は、各金利タイプ共通で低金利で高い評価を受けたものの、三大疾病の際のカバーはないも同然といえます。180日間の要介護状態になるケースは珍しく、たとえがんになっても、保障は期待できないでしょう。, ここからは、比較・検証結果を踏まえた変動金利・10年間固定金利・全期間固定金利の住宅ローンのランキングをそれぞれBEST5で発表していきます。, なお、総合評価は各検証項目の単純平均ではなく、実質金利を最重視し、団信の評価にも重みづけをして算出し、ランキングづけを行いました。まずは変動金利のおすすめ人気ランキングTOP5の発表です。, なお、金利は全て2019年12月時点のものです。最新の状況は各社のホームページでご確認ください。, 楽天銀行の変動金利タイプの住宅ローンは、融資事務手数料が一律330,000円と、一般的な住宅ローンで3,000万円を借り入れた場合の手数料の半額程度になっています。結果として実質金利が抑えられ、金利としては並程度の評価になりました。, また、三大疾病を含めた病気・怪我を原因とする就業不能状態をカバーする、幅広い保障範囲の団信が無料で付帯します。しかし、保障が適用される条件として、1年以上の就業不能状態になることが必須。がん・心筋梗塞・脳卒中などで、1年間の就業不能状態に陥ることはあまりないので、期待することはできないでしょう。, 5位にランクインした三菱UFJ銀行の住宅ローンは、充実の団信が魅力です。がんは診断された時点、脳卒中・急性心筋梗塞は入院した時点で保障が適用されるので、万が一のときも安心といえるでしょう。将来の万が一のリスクが心配な方は、金利が高くても三菱UFJ銀行をぜひ第一候補に入れてみてください。, 5位にとどまった理由は、実質金利の高さです。最も金利が低い商品と比較すると総支払額には約60万円の差が出るので、金利を重視する方には不向きといえるでしょう。, ジャパンネット銀行の住宅ローンは、0.545%というトップクラスに低い金利が魅力。金利が変わらないと想定した場合の総支払額は、唯一3,300万円を下回り、圧倒的にお得な結果になりました。, しかし、ここで注意しなければならないのが1.25倍ルールが存在しないということ。急激な金利変動があった場合、支払額が一気に上昇することもあるので、返済計画が立てにくいでしょう。, 団信に関しては、あと一歩という印象でした。三大疾病に加えて7種類の生活習慣病をカバーしており、一時的な給付金もかなり充実しています。しかし、ローン残債が0円になる条件としては、180日間の継続入院が必須。かなり厳しい条件であり、いざというときの保証にやや不安があります。, じぶん銀行の住宅ローンは、比較的低金利で、充実した団信を兼ね備えたバランスのよい商品です。団信は最低限あればいいという方は、1位より金利が低いじぶん銀行の住宅ローンを検討してみてください。, じぶん銀行は、がんと診断された時点で返済額の50%を保障するがん団信が上乗せ金利なしで付帯します。がんになる確率が高くなる50代後半には、ある程度返済が進んでいることを考えると、金利を上乗せせずに貯金して、50%のがん団信と合わせてカバーするという手もあります。, ただし、三大疾病に関しては、180日間の入院が必要とかなり厳しいので、団信を付帯しないのも選択肢のひとつになるでしょう。繰上げ返済を多用する予定の方や、短期間で返済する計画の方、60歳になる前には支払いを終える予定の方は、ぜひ検討してみてください。, りそな銀行の住宅ローンは、表面金利は低いものの、保証料や手数料が比較的高く、実質金利は0.607%とやや高めになりました。しかし、三大疾病を金利0.25%の上乗せでカバーできるので、トータルの金利としてはほかの銀行の住宅ローンに負けていません。, 団信は非常に手厚く、基本的な無料団信に加え、がんと診断された時点、急性心筋梗塞・脳卒中は60日以上の入院か就業不能状態に認定された時点で、ローン残債が0円になります。, 脳卒中の場合は、60日以上の入院は十分あり得ますが、急性心筋梗塞は1か月以内で退院できることも多いので、リスクへの備えとしてはあまり万全とはいえないでしょう。, 団信・金利のバランスは非常によいのですが、どちらもあと一歩という印象を受けました。ぜひ候補には入れてほしいのですが、安心感を重視する方は、5位の三菱UFJ銀行の住宅ローン、お得感を重視する方は3位のジャパンネット銀行の住宅ローンも検討してみてください。, 三菱UFJ銀行の10年固定金利タイプは、金利が今後変わらなくても、全期間固定金利より総支払額が高くなる結果になりました。当初10年間の金利は0.79%と一見低いですが、10年後の金利は1.69%とかなり高めです(今後10年間金利が変らないと仮定した場合)。, しかし、団信の評価は高く、たとえば「3大疾病保障充実タイプ(金利上乗せ型)」の場合、がんと診断されたら(90日の待機期間あり)、または脳卒中・急性心筋梗塞で入院したら、住宅ローン残高が0円になります。しかし、お得感や安心感を重視するのであれば、ずっと金利が変らない全期間固定金利を検討したほうがよいでしょう。, 変動金利では高評価を獲得したじぶん銀行は、10年固定金利では4位という結果になりました。当初10年間の金利は0.57%と変動金利並みに低かったのですが、固定期間終了時の金利は1.78%とかなり高め(金利が10年後も変わらない場合)。, 今後金利が変わらないと仮定しても、全期間固定金利のほうが総支払額の面からお得といえますし、金利が①の条件で上昇した場合の利息負担は1,000万円を超えます。団信に関しては、がんと診断された時点で50%のローン残債が保障されるものが無料で付帯するなど高評価でしたが、そのメリットを取るためにこの商品を選ぶ必要はないでしょう。, イオン銀行の10年固定金利タイプは、全般的に並程度の評価となりました。固定期間の金利はやや高めですが、固定期間終了後の金利が抑えられているので、トータルの返済額を抑えることは可能です。, 団信に関しても、0.3%の上乗せは必要ですが、がんは診断された時点、脳卒中・急性心筋梗塞は60日以上の入院でローン残債が0円になるので及第点といえるでしょう。しかし、金利が今後1%程度上昇すると、総支払額は全期間固定金利を大きく上回る可能性があります。固定期間選択型としては並ですが、住宅ローン全体でみると、少し物足りない商品といえるでしょう。, ソニー銀行の住宅ローンは、お得感・安心感どちらも重視したい方にぜひ検討してほしい商品です。金利は3位にランクインしたイオン銀行の住宅ローンより1段階ほど低く、金利が上昇した場合でもお得に返済していくことが可能です。, また、がんと診断された時点でローン残債の50%を保障するがん団信が上乗せ金利なしで付帯するのは大きなメリット。返済期間を短めに設定している方であれば、有料の団信を外すという選択肢も候補にできるので、よりお得に返済していくこともできるでしょう。, さらに、比較的安価な金利上乗せ0.2%(年利)で3大疾病保障特約付き団信をつけることができます。がんは医師によって診断確定された場合、急性心筋梗塞・脳卒中は所定の手術を受けた場合などにでローン残債が0円になるので、いざというときに心強いでしょう。, 総支払額の面から全期間固定金利・変動金利に劣った10年固定金利のなかで、お得に返済していきたい方に検討してほしいのが、新生銀行の住宅ローンです。, 当初の表面金利は0.85%とあまり低くありませんが、固定期間終了後の金利は1.1%とかなり抑えられているので、固定期間が終了してからもお得に返済していくことができます。また、多少金利が上昇しても、全期間固定金利の住宅ローンと並ぶ程度に抑えられそうです。, ただし、団信に関しては考慮が必要です。一般団信は、保険料負担・金利上乗せなしで、保険期間中に死亡または高度障害状態になった場合に住宅ローン残高が0円になりますが、病気になった場合の保障などはついていないため、物足りなく感じるかもしれません。, 新生銀行の住宅ローンは、金利は1.3%と比較的低めですが、団信が適用される条件がかなり厳しいことから、最下位という結果になりました。, 一般団信では死亡した場合および高度障害を被った場合、安心保証付団信では公的介護保険制度要介護3以上または所定の要介護状態になった場合に、住宅ローンの残高が0円になります。保険料の負担もなく上乗せ金利もありません。ただし、けがや病気で短い入院をした場合などは保障が適用されないので、少し物足りないと感じる方もいるかもしれません。, イオン銀行が提供するフラット35は、金利が1.386%とかなり高いことが大きく評価を下げ、4位になりました。しかし、団信は0.24%の上乗せで三大疾病をつけることができ、かつ保障内容もかなり充実しているので、安心感を重視する方は一考の余地があります。, また、新しい住まいの最寄りのスーパーがイオングループの方は要チェック。イオングループでの買い物が毎日5%オフになるので、利用頻度が高ければ、実質的な総支払額を50万円以上抑えることも可能になります。ほかにも、全国のイオンに併設されている窓口で住宅ローンの相談をすることができるなど、サポート面も充実しているのが魅力です。, ARUHIスーパーフラットは、1.3%を切る低金利が魅力。ARUHIは銀行ではなく、住宅ローンを専門に扱う金融機関で、さまざまな住宅ローンが提供されています。, たとえば、住宅が省エネ・耐震などの要件を満たしていれば、さらに低い金利で借入れることが可能です。とくに「フラット35S」の対象物件であれば、当初の金利を0.9%台に抑えることも可能になるので、自分の新しい家が要件を満たしているか確認しておきましょう。, 3位に留まった理由は、あと一歩という印象の団信。がんは診断された時点ですが、脳卒中・急性心筋梗塞は180日間の入院が必須とかなり厳しめ。しかし、1か月以上の入院で毎月のローン返済が保障される点や、さまざまな給付金が充実しています。ある程度の安心感はあるといえますが、十分とはいえないでしょう。, 楽天銀行は、1位と僅差で2位にランクインしました。実質金利が1.277%と低いことに加え、手数料が1.1%に抑えられているので、初期費用を軽減することができるのが魅力です。, 団信も手厚く、三大疾病をしっかりとカバーし、保障が適用される条件も適切です。全期間固定金利の安心感・団信の安心感を兼ね備えた、安心してお得に返済していけるローンといえるでしょう。, また、手数料が0.32%(3,000万円借入れた場合は96,000円)上乗せされますが、返済口座を他行に設定することができるのも魅力。会社から口座が指定されている場合などに便利です。, 住信SBIネット銀行のフラット35は、トップクラスの低金利と団信が魅力。お得に安心して返済していきたい方にぜひ検討してほしい商品です。, 実質金利は1.246%と最も低く、総支払額も全期間固定金利では唯一3,600万円台になります。変動金利・固定金利にはおよびませんが、支払いきれなくなるリスクや、金利を気にして不安になることを避けたい方は、住信SBIネット銀行を検討する価値があります。, また、団信の保障内容も充実しているので、万が一のときに心強いといえるでしょう。今後35年の金利はどうなるか分かりません。今の低金利のうちに、最もお得なフラット35の住宅ローンを契約するのも一手ですよ。, 大差ないようにみえる金利ですが、支払総額が100万円単位で変わってしまうことが分かりました。また、変動金利・固定期間選択型・全期間固定金利の総支払額を、金利の変動を加味してシミュレーションした結果、0.1%〜の金利が大きな差を生むことが分かりました。金利タイプを選ぶうえで参考にしてみてください。, 「住宅ローンの選び方」で紹介したポイントを踏まえ、金利だけではなく団信も重視して選ぶようにしてください。35年の返済期間に、金利だけでなく自分の体にも何が起こるか分かりません。ぜひ住宅ローンを選ぶ際は、安心感も重視して選ぶようにしてくださいね。, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。. 全期間固定金利型の住宅ローンと言えばフラット35が真っ先に頭に浮かびますが、一昔前と違い、今では全期間固定金利型に力を入れている民間金融機関も増えてきています。今回はそんな全期間固定金利型の住宅ローンについて、さらにフラット35との比較で選 住宅ローンの金利選択は悩ましいものです。 変動金利は金利上昇のリスクがありますし、全期間固定金利は金利が高めなのが気になるところです。 そんなときに選びがちなのは、一定期間金利が固定される「 年固定 … ここからは、変動金利と固定金利、全期間固定金利それぞれについて人気の金融機関ランキングをご紹介していきます。 変動金利のおすすめ住宅ローンランキング Copyright© SBI Holdings, Inc. All rights reserved. どうやって住宅ローンを組んだらいいのか?銀行の住宅ローン相談会に行ってみても固定・変動・・・どちらがいいのか?住宅ローンを考え始めたとき知っておきたいお話を紹介します。 住宅ローンの返済負担を減らしたい方におすすめなのが「借り換え」です。 今より金利が低い住宅ローンに借り換えれば、返済総額や月々の返済額を大幅に削減できます。 しかし、借り換え可能な住宅ローン … 審査が厳しいかわりに低金利で非常に好条件で住宅ローンを借りれます。 特に全期間固定の35年金利1.2%に癌団信が金利上乗せなしでつけれるところがすごいです。(年齢制限あり) 京都銀行の住宅ローンプランについてはまた次回。 注文住宅を計画した際、 住宅ローンの金利選択は悩ましいものです。 変動金利は金利上昇のリスクがありますし、全期間固定金利は金利が高めなのが気になるところです。 そんなときに選びがちなのは、一定期間金利が固定される「 年固定 … 0.530% ※当初期間引下げプラン: 0.991% ※当初期間引下げプラン: ー: 込み: 2.20%(税込) 無料: 住宅ローン詳細 住信SBIネット銀行 人生で一番高い買い物といわれる家。購入の際にまず必須となるのが、住宅ローンです。変動・固定期間選択型・全期間固定(フラット35)といった金利のタイプをどう選ぶかや、団体信用生命保険(団信)をどこまでつけるかなど、難しい点が多いですよね。 現在、多くの金融機関や団体が住宅ローンの融資を行っています。本記事は、住宅ローンの概要や変動、固定金利、フラット35などの住宅ローン用語の解説です。また、ネット銀行や地方銀行のおすすめのプランについても紹介していきます。 新しく住宅購入されるかた、住宅ローンは業界最低水準の金利、業界最低水準の融資事務手数料の楽天銀行【フラット35】がオススメです。安心の最長35年間全期間固定金利で、金利上昇の心配なくご利用 … aruhi フラット35は、住宅金融支援機構とaruhiが提携して提供する、返済期間が最長35年の 全期間固定金利の住宅ローン です。 借り入れ時に決まった金利が返済期間中ずっと変わらない住宅ローンなので、長期のライフプランが立てやすくなります。 住宅ローン金利プラン「全期間固定金利プラン」についてのご案内です。個人のお客さまで、池田泉州銀行の住宅ローンをお考えの方は、こちらをご覧ください。 紀陽銀行住宅ローン(全期間固定金利プラン) 全期間固定金利のプランです。 住宅ローンお借入時に、取扱手数料(お借入金額×2.20%(税込))をいただくプランです。 健やかな頭皮へ導くharu「kurokamiスカルプ」。古い角質をやさしく洗い流す洗浄力と、リンスやコンディショナーの必要がない保湿力が注目を集めています。「髪がサラサラになって色ムラが目立たなくなった」という体験談が寄せられていますが、「変化がなかった」「洗い上がりにきしむ」「髪がパサ... ととのうみすとは、さっと吹きかけるだけで毛穴のつまりを解消し、ツルツル肌に導いてくれるクレンジングウォーターです。インターネット上では「毛穴汚れがきれいになる」「化粧ノリが良くなる」と評判の製品ですが、その反面「肌がつっぱる」「独特な香りがする」といったネガテ... 固定期間が終了してから金利タイプを再度選ぶ際には、固定期間終了時の金利が適用されます。10年後も固定金利を選択するにしても、金利が上昇していた場合は総支払額が高くなるリスクは避けられないことに注意しましょう。, 固定期間選択型は、今は夫のみ働いているが、将来は共働きの予定の夫婦が、共働きになるまでの期間、金利を固定しておくために利用するという方法もあります。, しかし、Web申込みは一般的に来店する場合と比較して融資までの速度が遅くなりがちなことに注意。, ゲーム機本体、プレイステーション4(PS4)ソフト、プレイステーション3(PS3)ソフト, 死亡・所定の高度障害状態、余命6か月診断で0円/所定の就業不能状態が15日をこえて継続した場合、毎月の返済額保障or12か月を超えた時点で0円, がんと診断された時点、脳卒中・急性心筋梗塞は手術した時点・60日以上の継続入院で0円/4つの習慣病で就業が30日を超えたら1年保障、1年30日を超えたら0円, がんと診断された時点、10種類の生活習慣病で180日継続入院された時0円/ 審査が厳しいかわりに低金利で非常に好条件で住宅ローンを借りれます。 特に全期間固定の35年金利1.2%に癌団信が金利上乗せなしでつけれるところがすごいです。(年齢制限あり) 京都銀行の住宅ローンプランについてはまた次回。 注文住宅を計画した際、 ※生活資金をご利用の場合には、住宅資金と同じご返済期間となります。 (全期間固定金利型住宅ローン「あんしん」は35年以内) ただし、債務者が満76歳に達する日までとし、債務承継者のある場合は債務承継者が満76歳に達する日まで。 徹底比較!【金利タイプ別】2020年人気の住宅ローンおすすめランキング. 昨今、低金利が続いているため、住宅ローンを利用しやすくなっています。特に変動型においては、金利が1%を切ることも珍しくありません。しかし、金利が上昇するというリスクがあるため、全期間固定型を選択するロ… 住宅ローン 全期間固定金利フラット35の選び方|おすすめ比較ランキング. りそな住宅ローン<超長期(全期間)固定金利型>について。りそな銀行では、住宅ローン、投資信託、個人年金などお客さまのさまざまなニーズにお応えする多彩な商品をご用意しております。 住宅ローンには、「変動型金利」、「全期間固定型金利」、「固定期間選択型金利」の3種類があります。 それぞれにメリット・デメリットがあるため、先々の出費の予定や、家計の状況なども鑑みて自分に合ったタイプを選択することが重要です。 人生最大の買い物である家。この家を購入するのなら、住宅ローンは欠かせない存在です。しかし、その数は多く、何を基準に選べばいいのかわからないこともしばしばでしょう。そこでここでは、お得に住宅ローンを選ぶコツと、おすすめの金融機関を紹介します。 住宅ローンをご検討中なら、約25社から比較できる価格.comをチェック!各銀行の住宅ローン金利比較や、新規借り入れ・借り換え時の支払いシミュレーション・計算、基礎知識やキャンペーン情報などさまざまな視点から住宅ローンを比較・検討できます! どうやって住宅ローンを組んだらいいのか?銀行の住宅ローン相談会に行ってみても固定・変動・・・どちらがいいのか?住宅ローンを考え始めたとき知っておきたいお話を紹介します。 住宅ローンの金利は景気によって推移します。金利で変わる住宅ローンの支払い利息の総額を計算する方法や、異なる銀行での現在の金利相場の比較、今後の予想なども確認しましょう。新築より安くローンを一本化できる中古リノベ物件についてもあわせて解説します。 今すぐお金を借りたい人にぜひ検討してほしい即日融資カードローン。中でも消費者金融のカードローンは、申込みから最短1時間で、自宅で簡単にお金を借りることができます。学生やフリーターの方でもお金を借りることができるので、もしものときに重宝しますよね。しかし、「消費者金融はなんとなく不安」「し... お肌の保湿の重要なポイントである化粧水。30代からは保湿力が低下して乾燥しやすく、20代の頃とは違うスキンケアが要求されます。そんな30代におすすめの化粧水はどんなものなのでしょうか?SK-II・ハトムギ化粧水・アスタリフトなど、高級路線からプチプラまで、デパートやドラッグストアの化粧品売場に... haru kurokamiスカルプの悪い口コミや評判は本当?実際に使って効果検証レビュー. aruhi フラット35は、住宅金融支援機構とaruhiが提携して提供する、返済期間が最長35年の 全期間固定金利の住宅ローン です。 借り入れ時に決まった金利が返済期間中ずっと変わらない住宅ローンなので、長期のライフプランが立てやすくなります。 住宅ローン(全期間固定金利プラン) お借入期間中返済額が変わらないから、ずっと安心。2021年5月31日まで特約付団体信用生命保険が上乗せ金利なしでご利用ok! 住宅ローンの固定金利は何年がおすすめ? 金利や返済時のリスクをもとに、5年固定・10年固定・全期間固定など、それぞれの固定金利特約期間の特徴と選び方を解説します。 店舗を持たないネット銀行として、コストを抑えて魅力的な金利を提供する「auじぶん銀行」の住宅ローン。変動金利は年0.41%、固定10年は年0.53%(2020年12月)。がん保障特約は無料、さらに保証料、一部繰上げ返済手数料なども無料でおトク。 住宅ローンの固定金利は何年がおすすめ? 金利や返済時のリスクをもとに、5年固定・10年固定・全期間固定など、それぞれの固定金利特約期間の特徴と選び方を解説します。 みずほ銀行住宅ローン「全期間固定プラン」のご紹介です。全期間固定プランは、金利を固定することが可能。その他プランと組み合わせるミックス返済もご利用できます。 自宅をリフォームしたいけれど、まとまったお金が用意できない、そんな時に便利なリフォームローン。住宅ローンよりも審査が通りやすく、簡単な手続きで借りられるのが魅力です。しかし、いざ選ぼうとすると有担保型や無担保型、変動金利型や固定金利型など色々な種類があり、どれを選んでいいか迷ってしまいま... 車を購入する際に検討するマイカーローン。実はマイカーローンには、車を購入したディーラーが提供するディーラーローンと、銀行が提供する銀行系マイカーローンの2種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、事前に確認しておかなければ、手間をかけたのに損をしてしまうことも。, 【徹底比較】おまとめローンのおすすめ人気ランキング6選【銀行から消費者金融まで!】, 複数の借金を一本化できるおまとめローン。借金が増えすぎて返済が苦しい、複数に分かれた返済日の管理が億劫という方は、ぜひ検討してみてください。しかし、金利・毎月の返済額・審査の基準・返済の利便性など、商品によって大きな差があります。また、自分の借金全てをまとめることができない場合も。, 「銀行カードローン」は、一時的な出費の立て替えはもちろん、他社ローンの借り換えなど幅広い用途に利用できます。銀行によって審査基準が異なるうえに、三菱UFJ銀行の「バンクイック」や楽天銀行の「スーパーローン」など商品も多く、どれを選べばよいのか悩む人多いのではないでしょうか?. 住宅ローンの返済期間中に、もし突然の病気やケガで返済が苦しくなってしまったら… 万一の場合に備えて、手厚い保障をセットにした住宅ローンをご用意しました。 お借入れ後のあなたとご家族をサ … 【2020年12月の金利】住宅ローン(35年固定金利・フラット35・全期間固定金利)を借りる人(新規借入)にとって、本当に得するのはどこの住宅ローンなのか? そんな疑問に答えるために、ダイヤモンド不動産研究所では、「住宅ローン実質金利ランキング(35年固定金利)」を作成した。 りそな住宅ローン<超長期(全期間)固定金利型>について。りそな銀行では、住宅ローン、投資信託、個人年金などお客さまのさまざまなニーズにお応えする多彩な商品をご用意しております。 三菱UFJ銀行の住宅ローンはご利用額13年連続No.1。 全国766店舗ある大手金融機関です。 全国に店舗がありますので、無料相談会などを利用して対面で相談することができます。 ※全期間固定25年と全期間固定35年は、ネット専用住宅ローンでは取扱なし。 店舗を持たないネット銀行として、コストを抑えて魅力的な金利を提供する「auじぶん銀行」の住宅ローン。変動金利は年0.41%、固定10年は年0.53%(2020年12月)。がん保障特約は無料、さらに保証料、一部繰上げ返済手数料なども無料でおトク。 0.530% ※当初期間引下げプラン: 0.991% ※当初期間引下げプラン: ー: 込み: 2.20%(税込) 無料: 住宅ローン詳細 住信SBIネット銀行 あなたの住宅ローンの金利タイプは? 住宅金融支援機構資料より. 住宅ローンの借入を考えた時、「最もお得に借り入れたい」と誰もが考えます。 低金利時代の現在においては、どこの金融機関も最低金利に設定している変動金利が、一見すると非常に魅力的です。 現在、多くの金融機関や団体が住宅ローンの融資を行っています。本記事は、住宅ローンの概要や変動、固定金利、フラット35などの住宅ローン用語の解説です。また、ネット銀行や地方銀行のおすすめのプランについても紹介していきます。 あなたの住宅ローンの金利タイプは? 住宅金融支援機構資料より.