開放弦がビビるならナットを交換しましょう。 ベースの開放弦がビビる. 開放弦を鳴らすだけでビビる場合は、 ナットの溝の高さ が低くなっている可能性があります。 指板の3フレットを押さえた時に1フレットと弦の間に隙間が無ければナットの溝が原因と考えられます。 皆様のアドバイスを参考にジャズベースを買いました。早速家で練習していたところ、疑問がわきました。開放弦を引いている時には起こらないのですが、押さえて引いていると普通の音に混じってビリビリとした音がでてしまいます。どうも押 一番細い弦を「1弦」、そこから一つ太くなるに従い「2弦」「3弦」「4弦」「5弦」と言います。レギュラーチューニングではそれぞれ以下の通りの音にチューニングします。4弦ベースの場合は5弦は無視してくださいね。 あぽろんトップページはこちら . Copyright © 2020 オンライン音楽レッスン。「おんがっこー」. 楽器・演奏 - ベースのビビリ ベースを始めて一ヶ月の初心者で、ベースはほぼ毎日練習しています。 使用しているベースはfenderのjazz bassです。 ネットで検索してもよくわからなかったので質.. 質 … バンドのサウンドをささえる要となる「ベース」。愛用のベース本來のサウンドを引き出すためには弦の選択は欠かせません。ベース弦にはさまざまなタイプがあり選ぶのが難しい場合もあります。そこで今回は、おすすめのベース弦をご紹介。 1) 開放弦がビビる ギターで最も美しく響くはずの開放弦がビビる場合、「ナットの溝が深すぎて1フレットでビビる」ことが考えられます。1 1フレットを押さえた時にはビビらない、という症状ならばほぼナットが原因とみて間違いありません。 All rights reserved,© copyright apollonmusic co,ltd Japan 特定のポジションでだけビビりが発生する原因として、まず考えられるのはフレットの消耗です。フレットは弾けば弾くほど減っていきます。 前日まで21フレットあったものが、3時間弾いたら翌日には20フレットに…。その日また3時間弾いたらその次の日には19フレットに…。 なんてことにはなりませんが、フレットは弦との摩擦で徐々に削られ減っていきます。 減り方は使っている弦の素材や、その人の弾き方にもよりますが … ナット溝が磨耗しフレットに対して低すぎたり、ナット溝形状が弦と一致していない可能性が高いです。 ナットの溝がフレットよりも低い位置まで削れてしまうと、弦がフレットに鑑賞し、ビビリや音づまりの原因になります。 また、フレット側のナットの接着面をみたときに、 1. すると徐々に弦がフレットに近づき、開放状態で弦を弾いた際、弦がフレットに接触しビビりが発生します。 極端にナット溝が低い場合には、弦が常に1フレットと接する状態となり、1フレット押弦音と開放音が変わらなくなります。 このビビリ、どこまで許容するかは人によります。 ビビリを0にすることはかなり不可能に近いのでそこだけお気をつけてチェックしてみてください! 全部鳴らそう. ここでお話する内容は弦高調整やネック調整に関連してきますので、そちらのページも併せてご覧下さい。 ナットの不具合が原因で生じるトラブルは多くがビビリです。開放時にビビる、音が詰まる等々。 開放弦の音をミュートする. ベースのセッティングの際にこだわる方も多い「弦高」についてです。弦高が高い場合・低い場合にはそれぞれ演奏性や音にどのような影響があるのか、調整の仕方など書いていきます。 開放した弦を一本ずつ弾いて音の調節をします。 弦は基本的にベースを弾く手元付近にある「 ブリッジ 」とヘッドの付け根にある「 ナット 」、そしてヘッドについている「 ペグ 」の3点で張力を保っていま … B‚à‚µŽ¸”s‚µ‚Ä‘åØ‚ȃMƒ^[‚ª’v–½“I‚ȃ_ƒ[ƒW‚𕉂Á‚Ä‚à“–•û‚͈êØÓ”CŽ‚Ä‚Ü‚¹‚ñBiŽ©g‚̃PƒK“™‚àŠÜ‚ށjˆ«‚­‚È‚¢•”•ª‚ð‰ÁH‚µ‚Ä‚µ‚Ü‚¢AŒã–ß‚è‚Å‚«‚È‚­‚È‚Á‚Ä‚àˆêØÓ”CŽ‚¿‚Ü‚¹‚ñB‘S‚Ä‚Ì‘¹ŠQ‚ɑ΂µˆêØ‚̕⏞‚à’v‚µ‚Ü‚¹‚ñB‚à‚¿‚ë‚ñ•K‚¸‚µ‚à’¼‚é•ÛØ‚à’v‚µ‚Ü‚¹‚ñB‚²’ˆÓ‚­‚¾‚³‚¢B. エレキベースにもよりますが、1弦と2弦はストリングスガイド(ストリングステイナー)という部品で、弦を押さえ付けることが多いです。 これで弦のテンションと言われる、張り具合を上げたり、ビビリを軽減させたりする効果があります。 ネックが曲がっていたりすると弦がまっすぐに張れずにフレットに近すぎたり、触れてしまっている … 弦に対して溝が浅く、弦の下に空間ができている ようであれば、弦と溝の形状が合っていない状 … All Rights Reserved. 開放弦の音が特にビビる場合は、一度弦を引っ張って良く伸ばして下さい。これは、楽器店などで売られている弦は大抵丸まっているものが多く、弦交換の際に真っ直ぐ伸ばさずに張ってしまいますと弦が暴れやすく、ビビリの原因となるためです。 弦に対して溝幅が広く、サイドに隙間ができている 2. 弦を必要以上に強くストロークした時、弦は(横方向でなく)上下に大きく振動し、バズ音が発生しやすくなります。 4.弦の変更に伴う調整. 開放弦を弾くと、フレットに干渉しているのかビビビッと雑音がなってしまいます。これはどうすれば治るのでしょうか。, ネックが曲がっていたりすると弦がまっすぐに張れずにフレットに近すぎたり、触れてしまっている時があります。この場合は開放弦を弾いたりすると干渉してしまいます。, また、安価のものたったり楽器の作りが悪いものだったりするとネックが曲がりやすかったりフレットなどやブリッジなどに弦が干渉することがあります。, 楽器が原因の場合は自分で確認・修理する方法もあるのですが、悪化する場合もあるので初めてそのようなことが起こった場合は、まずは楽器屋さんに見てもらった方がいいと思います。, 楽器のせいでなければ、弦を強く弾きすぎたことでフレットや、ブリッジに弦が干渉することがあります。特にピック弾きだとそうなることが多いです。, その場合は弦を弾く力を弱くしてアンプのボリュームを上げて調整してみるか、弦を弾く位置をブリッジの近くにすると、弦振動が細かくなるのでビビり辛くなります。, チャットで講師への質問ができます。わからないことがあったら是非利用してみてください。, 千葉県出身。日本大学理工学部卒業。大学時代エフェクターなどの音楽機材を自作しエンジニアを目指すが大学卒業後プレイヤーに転身。独学でウッドベース、ジャズ、音楽理論を学ぶ。 2012年から都内でジャズのグループレッスンの講師を担当。ジャズベーシスト、サポートベーシストとして精力的に活動しながらロックバンドAmes Roomのベーシストとしても活動中。. 弦高も変わるので調整は重要だと思います。 その後サドルで弦高調整 格源の高さは1弦を低く、そこから6弦まで少しずつ高くしていき ビビリ対策と弾きやすさを両立。 4弦の1フレットから1弦の最終フレットまで全部の音を出しましょう! [mixi]ギター修理!!リペア・マン!! ブリッジ付近のビビリ? いつもお世話になります。 トピ立ててしまいましたm(__)m 困ってます。教えてくださいm(__)m 僕はフルアコを使っています。ブルッジは台座にTOMです。 最近、ブルッジのコマ?の当たりで「サァーー」という ネックの状態を確認するには、まずはベースを正しくチューニングする必要があります。 チューニング(弦の張力)によってネックの状態が変わることは当然ですね。 ちなみにこのとき、ベースは演奏する時と同様に構えて行ったほうがベターです。 NG気味なのはベースを寝かせて行うことですね。張力も重力も演奏時と同じにするのです! ネックを調整する時には必ず状態を正確に把握しなくてはなりません。テキトーに調整し … ギターを弾いている時に、特定の弦やフレットだけビヨーンとバネのような音が鳴ってしまうことを弦がビビると言います。 1度弦がビビり始めると演奏にも集中出来ませんし、出したい音も出せなくなってしまいますよね。 ベースの練習をしているのですが、どうしても4弦だけ音がビビってしまいます。使用ベースはフェンダーのジャズベースです。弦高をかなり高く上げると7フレットぐらいまでは綺麗に音が出るのですが、それでもハイポジションになるとビビ ベースを数年間、触ってきたのですが、最近e弦(一番太い弦)の開放弦がビリビリと響いたような音(ビビった音)になりました。 楽器・演奏 - 私はfenderのjazzベースを使っています。 約10年位前のものです 今月に入ってからビビリがひどくなり、 いくら調整しても直りません。 前は1フレットを押さえてもなんともな … 3.弦を強く弾きすぎない. http://www.yamaha.co.jp/plus/electric_guitar/?ln=ja&cn=11204&pg=4【楽器解体全書PLUS】エレキベースのチューニングや音域。開放弦の音① ギターやベースの開放弦をはじいた時、(フレットを押さえず弦だけを弾く) 弦がフレットに触れ ”ビビビ” ”ビリビリ” とビビリ音が出ることはないですか?(バズ音。バズるとも。 各弦の開放音. 開放弦を弾いてビビビと雑音がなるのは楽器の場合と弾き方の場合があります。 楽器の場合. ベースの弦高調整のやり方が知りたい!それと、せっかく調整するならベストな高さにしたいけど、弦高は低めが良いの?高めが良いの?それぞれの違いについても教えてほしい!上記のような悩みを解決するため、本記事ではベースの弦高調整のやり方を解説すると 弦の太さを変更すると、テンションやネックのシェイプにも影響します。 ベースの弦高調整ってやってます?弾きにくい・指が疲れる・音がビビる、それ全部弦高が合ってないのが原因かも。 弦高を適正に調整してやるだけで音や弾き心地が劇的に改善することもあるんです。 今回はベースの弦高調整の方法についてご紹介します。 ベースの各弦の音程を、決められた高さに合わせることを“チューニング”と呼びます。このページでは、チューナーを使ってチューニングをする方法を、動画入りで初心者にもわかりやすく説明します。 先ずは譜面にある運指の通り弾いてみましょう。1・2小節目の開放弦である「 」の音が、次からの音に重なり、音が濁ってしまった人もいるでしょう。 気にならなければ良いとは思うのですが、好ましくはありません。