それは、ゴールド免許を取得して3年までに2回の違反をすることです。 残りの2年と、ブルー免許の3年間を無違反で過ごせば、晴れてゴールド免許です! ゴールド免許を取ってすぐに違反をしてしまった場合、またすぐに(わざと? 70歳以下の場合は5年間(71歳は4年、72歳以上は3年)※ブルー免許は原則3年 ④更新時の講習手数料が安く講習時間も短い 更新手数料はゴールドもブルードも同じ(2、500円)だが講習手数料が違う(ゴールド500円、ブルー ※違反あり 1,350円) 初回更新者 有効期間は、“ 3年〜5年 ”。 3年になるケースは、①初めての免許更新によりブルー免許を取得した場合と、②過去5年間に反則点数が3点を超える違反または交通事故を起こした者がこれを取得した場合であ … 自動車を運転するときに必ず必要となるのが「運転免許証」。昭和の時代からクルマを運転するドライバーのなかには知らない人もいるかもしれないが、1994年(平成6年)に緑色の色帯(グリーン免許)が導入されており、免許証の表面上部の色帯はグリーン、ブルー、ゴールドとなっている。 違反運転者.  上から見れば違いは一目瞭然!簡単に見分けられます, Amazonのネックは配送業者を選べないこと?, android プリインストールアプリを無効化ではなく削除する, 印鑑は「印」と書かれた上に押すべき?印鑑の押し方講座!. グリーン免許証の期間は、2年以上で、3年以内で最初の更新期限となる誕生日より1ヶ月後までで、更新するとブルー免許証になります。 初回の免許証更新時は2時間の「 初回更新者講習 」を受講することが義務付けられています。 ブルー免許の有効期限は5年間です。 したがって、ブルー免許に更新してから無事故無違反であれば、更新から5年でゴールド免許に復帰することができます。 4点以上の違反または3点以内の違反を2回の場合. 継続して免許を受けている期間が5年以上、かつ3点以下の軽微な違反が1回のみの人が対象。 帯の色は青、有効期間は通常5年. ・ブルー免許証の方は2回以上(複数回)の違反を繰り返すと「3年更新」になります。 ・ブルー免許証の方でも免許取得後5年経過 & 軽い違反が1回だけの場合「5年更新」になります。 免許の更新費用(更新手数料・講習手数料) 5年間、継続して無事故・無違反を守り抜くと、ブルー免許から更新するときにゴールド免許が交付されます。5 5年間で1回でも違反をしたことがあると、ゴールド免許は適用されません。 ブルー免許証は更新期限が3年ですが、ゴールド免許の優良運転者の更新は5年後です。 この2年の差をメリットと感じるかデメリットと感じるかはその人しだいです。 ゴールド免許を更新する際は「優良運転者講習」を、ブルー5年免許の更新は「一般運転者講習」を受けます。 COPYRIGHT© TOYOTA MOTOR CORPORATION.All Rights Reserved. 違反が複数回あるか、またはケガのある事故を起こしてしまった人が対象。 帯の色は青、有効期間は3年. ゴールド免許取得後軽微な違反をしたら次回はブルーの5年更新になるんですよね もしゴールドになってすぐに違反をしたら4年後の更新はブルーの5年 ということは新たに別の免許を取らない限り次ゴールドになるのは9年後?. 運転免許歴5年以上、かつ過去5年間に軽微な違反1回を除く違反等がある方 (軽微な違反2回以上、4点以上の違反など) ブルー免許の有効期間は原則3年間ですが、2002年の道路交通法改正により ゴールド免許のメリットについてどこよりも詳しくまとめてみました!免許を取得して早17年!とうとう憧れのゴールド免許になりましたの調べてみたら数々のメリットがありました。自動車保険や生命保険、その他細かい部分まで詳しく見つかりましたので全て紹介します! 自動車保険には複数年契約(長期契約)が有る事はご存知ですか?契約期間は2年~7年と幅が有りますが、3年に設定している保険会社が多いです。今回はこの複数年契約(長期契約)のメリットとデメリットを紹介します。1年契約よりも保険料が安くなるのか? 運転免許を取得すると定期的にやってくる更新手続き。免許証によって3年だったり5年だったり、有効期間はまちまちです。そこで、私たちが運転するときに必要な「普通自動車免許」の色と有効期間をまとめてみました。 近々、普通運転免許の更新が迫ってきています。先日通知書が届いたのですが、見てガックリしました。中を見てみたのですが、更新しても「ブルー5年」だったんです。前回の更新から5年間、無事故無違反だったのでゴールド免許間違いなし ⇒運転免許証の色と有効期間 ※過去5年間に軽微な違反が2回以上であればブルー免許証で有効期間が3年間となりますので、軽微な違反を1回してしまい、次回の更新時に有効期間5年のブルー免許証になるのが嫌であれば、すぐにもう1回、軽微な違反を1回すれば、次回更新時には晴れて? 軽微な違反が1回だけのブルー免許なら更新までの期間が5年なので、その場合は何事もなければ次の更新でゴールド免許に復帰することができるでしょう。しかし、複数回の場合や点数が重い場合には更新期間が3年のブルー免許になってしまいます。 ちなみにブルー免許の一般運転者でも、過去5年以内に軽微な違反1回のみの場合に限り、やはり更新期間は5年間に。いわば“準優良”とでもいうべき処置ですね。 画像はこちら 緑色(グリーン免許) 青色(ブルー免許) 金色(ゴールド免許) 1.のグリーン免許は、初めて免許を取得した際に交付される免許証です。 最初の免許更新まで(最初の免許更新は免許取得から2年以上、3年以内に来る誕生日の1か月後まで)はこの免許となります。 香川編集長 世界大会 取材 「トヨタの現在地」を確認できた95分間 | トヨタイムズ. ブルー免許5年で使える自動車保険の割引ってあるの? ゴールドではないけれど、比較的優良なドライバーに対して適用されるブルー5年ですが、自動車保険では同じブルー免許の扱いになりますので、特に割引されることはありません。 ゴールド免許の優良運転者と、3点以下の軽微な違反が1回におさまるブルー免許の一般運転者は、免許証の有効期限が5年になるとともに免許更新時の講習が短く済むため、更新時の手間や費用を減らすこと … 継続して免許を受けている期間が5年以上、かつ3点以下の軽微な違反が1回のみの人が対象、帯の色はブルー、有効期間は通常5年 違反運転者 違反が複数回あるか、またはケガをさせる事故を起こしてしまった人が対象、帯の色はブルー、有効期間は3年 運転免許証の色分け制度は平成6年5月に始まりました。ゴールド、ブルー、グリーンの3色のうち、ゴールド免許は5年間無事故無違反を続けた優良運転者に与えられます。ここでは、ゴールド免許を取ると得られる優遇処置と、自動車保険との関係についてまとめました。 有効期間の長い一般ブルー免許とは 過去5年間で違反点数が3点以下の軽微な違反を1回だけしかしていない場合の免許 のことです。. ゴールド免許と同じく有効期間が5年間であり、免許更新の際の手数料や講習の時間も他のブルー免許よりも優遇されています。 先日、保険の更新の確認の電話があり、「次回の免許更新は来年(平成30年)の3月ですよね?」みたいな確認があり、そうだったけなーと思い免許証を確認してみたところ、平成32年3月となっていました。 そうです、ブルー免許なのに有効期限が5年間なんです。 免許のブルー5年更新のメリットは?. ・免許更新が行われる年の誕生日の41日前から5年前の誕生日の41日前までの5年間無事故・無違反 ・更新期間(誕生日の1か月後)が終了する日に70歳未満の運転者 ・運転免許を保有して5年以上の運転者 このすべてに該当する運転者が優良運転者(講習)に区分され、更新後の免許証はゴールドになります。 ブルー5年は他のブルーと同じ扱いなので、割引が受けられません。 これが一番のメリットでしょう。 2.免許更新時の受講手数料が安くなり、講習時間が短くなる. 免許更新前であっても、条件を満たした状態で中型免許や大型免許など、上位の免許を取得した時はゴールド免許証になる。 ゴールド免許証の無違反対象期間としては「免許更新年の誕生日から41日前を起算日とした過去5年間」が対象。 この場合のブルー免許の有効期限は3年間です。 運転免許証の帯の色が、グリーン・ブルー・ゴールドと3色あるのは、皆さんご存じだと思います。では、ブルーでも有効期間が5年になる場合があることを知っていますか?今回は普通自動車免許証の色と有効期間についてまとめてみました。, 日本の運転免許証の色は、グリーン、ブルー、ゴールドの3種類です。初めて運転免許を取得した人は、グリーンの免許証を持つことになります。最初の免許証の更新は、運転免許取得後、3回目の誕生日の前後1ヶ月。例えば、平成2年7月1日生まれの人が平成25年8月5日に免許証を取得したとすると、更新期間は平成28年6月1日から平成28年8月1日となります。, しかし仮に、免許証の取得が平成25年6月30日だった場合、平成27年6月1日から8月1日までが更新期間となります。これは運転免許証の取得後にくる誕生日を1回と数えるためで、取得後から誕生日までが例え1日でも1回と数えるからです。, 最初の更新時に受けるのが「初回講習」。厳密には「運転免許歴5年未満かつ運転免許取得後、初めての更新の人、軽微な違反(3点以下)が1回以下」の人が受ける講習です。初回更新により免許証の色はグリーンからブルーに変わります。有効期間は年齢問わず3年です。, ちなみに、グリーンの免許証でも、初回更新を待たずにブルーになることがあります。それは、更新期間までに中型などの上位免許証を取得した場合。この場合、3年未満でもブルーの免許証が交付されます。, 最初に交付されたブルーの免許証の有効期間(3年)が満了し、次の更新を行うときから、それまでの違反などに応じて、更新後の有効期間が変わってきます。免許の更新が近づくと送られてくる「免許更新をお知らせするハガキ」には、免許の更新の際に受ける「講習区分」が明記されていて、この区分により更新後の免許証の有効期間がわかるのです。, 「優良講習」とは、「更新期間満了日(誕生日の1か月後の日)の前5年間、無事故無違反の優良運転者」が対象です。免許証の色はゴールドで、更新期間満了日(誕生日の1か月後の日)時点の年齢が70歳までの人は5年、71歳は4年、72歳以上の人は3年となります。, ここでいう「更新期間満了日(誕生日の1か月後の日)の前5年間」とは運転免許の有効期間が満了する年の誕生日41日前を起算日として、起算日より過去5年間のことを指します。, 原則として免許証の更新は、住所を管轄する都道府県の運転免許センター、警察署等で手続きを行うことになりますが、優良運転者に限っては、全国の都道府県を経由して更新手続きが可能です。(一部例外あり), 「準優良講習」とは、「運転免許歴5年以上、かつ過去5年間に軽微な違反(3点以下の違反)が1回のみ」の人です。免許証の色はブルーとなりますが、有効期間は更新期間満了日(誕生日の1か月後の日)時点の年齢が70歳までの人は5年、71歳は4年、72歳以上の人は3年となります。, 「通常講習」になる人は、「運転免許歴5年以上、かつ過去5年間に軽微な違反1回を除く違反等がある」です。免許証の色はブルーで有効期間は年齢問わず3年となります。, 高齢者講習とは、「更新期間満了日(誕生日の1か月後の日)の年齢が70歳以上」の人が対象。高齢者が免許更新を希望する場合は、更新手続き前に運転免許試験場や指定の自動車学校で「高齢者講習」の受講が必須となります。さらに75歳を超えると高齢者講習に加え、「認知機能検査」も必要です。, 定期的にやってくる免許証の更新手続き…。優良運転者や一般運転者になると更新期間が5年になるだけでなく講習時間が短い、更新にかかる費用が安いなどのメリットもあります。日ごろから安全運転を心がけて、ゴールド免許を持ち続けたいですね。, 毎週1回、編集部おすすめコンテンツをお届け!登録は簡単、メールアドレスのみの入力で完了!.